フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 『ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタヴュー1980完全版』 | トップページ | 『ナイアガラに愛をこめて 大瀧詠一ルーツ探訪の旅 増補改訂版』 »

2021年3月16日 (火)

『ザ・ビートルズ・スタイルブック』 これが4人のスタイル! THE BEATLES’ STYLE

Thebeatlesstyle

📖
ビートルズのメンバーの少年時代からデビュー、解散まで、ステージ衣装やプライベートのファッションについて綴った単行本『ザ・ビートルズ・スタイルブック』がこの春3月25日に発売されます。
📖
音楽と同様に、ファッションでも新しいスタイルを生み出したビートルズ。衣装をはじめとした服飾も彼らの表現手段のひとつで、時代を先導する大切な要素となっていました。外見の流行(fashion)や変遷を追うことで、ファブ・フォー(かっこいい4人)の服飾(style)だけでなく流儀(style)が見えてきます。
📖
著者の吉野由樹さんはこれまでムックの『ミュージック・ライフ』や『ビートルズ・ストーリー』で、ビートルズやポール・マッカートニーのファッションに関する記事を執筆し、そのたびに反響を呼んできました。『ミュージック・ライフ』掲載の記事も再検証して再構成、大部分を書き下ろし、ビートルズのスタイル史が一冊になりました。
📖
詳細な表現から4人の姿が目に浮かぶ読み物ですが、関連の写真(巻頭カラー8ページおよび各章扉)とイラストレーションも掲載。長年にわたりビートルズを描いているイラストレーターの冨田哲さんに、写真では見えないような細部も絵にしていただきました。
📖
1960年代という時代に関心のある人、コスプレイヤーに役に立つのはもちろん、「ファッションには疎いんだけどこれから知りたい」という人も安心して読んでください。文章と写真とイラストで、手に取るようにわかりやすくなっています。
📖
ビートルズのスタイル、4人それぞれのスタイルを味わって、新しい視点でその魅力を発見してください。
📖

📖
『ザ・ビートルズ・スタイルブック』
吉野由樹著
2021年3月25日発売
発行/シンコーミュージック・エンタテイメント

本体1,800円
四六判 216ページ
📖
1⃣
1950年代~1960年
すべてはテディ・ボーイ・スタイルから始まった 4人のティーンエイジャー時代
2⃣
1957~1961年
誰にもまねできないスタイルを追求したアマチュア時代
3⃣
1961~1962年
ビートルズ・スタイルの基礎を築きリンゴを迎えてデビューを果たす
4⃣
1962~1965年
個性を打ち出したステージ衣装で世界のファッション・リーダーになるまで
5⃣
1964年
4人の姿を印象づけるために作られた映画『ハード・デイズ・ナイト』
6⃣
1965年
4人の「好き」が詰め込まれた映画『ヘルプ!』の衣装
7⃣
1966年
ファッションでも大きな転換を図りスウィンギング・ロンドンを先導する
8⃣
1967年
カラフルな衣装を着た4人がサイケデリック時代の象徴となる
9⃣
1967年
色のあふれる世界から新時代への移行を感じさせる映画『マジカル・ミステリー・ツアー』
1⃣0⃣
1967〜1968年
うまくいかなかったアップルの服飾ビジネス
1⃣1⃣
1968年
おしゃれを小休止? ビートルズがドレス・ダウンしたとき
1⃣2⃣
1969年
映画『レット・イット・ビー』で衣装に映し出された4人の心模様
1⃣3⃣
1969〜1970年
ビートルズ解散 そのとき4人の装いが映したもの

« 『ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタヴュー1980完全版』 | トップページ | 『ナイアガラに愛をこめて 大瀧詠一ルーツ探訪の旅 増補改訂版』 »

フロム・ビー関係の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ジョン・レノン&オノ・ヨーコ プレイボーイ・インタヴュー1980完全版』 | トップページ | 『ナイアガラに愛をこめて 大瀧詠一ルーツ探訪の旅 増補改訂版』 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter