フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

『ポール・マッカートニー 心のサウンド 増補版』発売雑感

Paulcover

 2011年から2013年までのポール・マッカートニー来日祈願ムックの刊行の成果というわけでもないのだろうが、2013年11月にポール11年ぶりの日本公演が実現した。個人的には文句なしに最高のパフォーマンスを披露してくれたと感じているし、その余韻はまだ残っている。
 あのとき、まさにポールは絶好調で、日本のファンの熱い声援に応える形で翌14年5月にも日本公演を計画し、来日してくれた……が、無念の中止。北海道や沖縄をはじめ全国から駆けつけたファンにとっても辛く悲しいできごとだったが、ファンをたいせつに思うポールもまた心苦しいできごとだったに違いない。
 年齢的に考えると、すぐの来日公演はきびしいかな、という個人的な思いもあったが、ポールは1年もたたない2015年4月に日本公演実施に踏み切った。もう、ありがたく受けとめ歓迎するしかないではないか。そして、よりポジティブに、この機会により多くの人にポール・マッカートニーの素晴らしさを知ってもらいたいという強い思いを込めて、ポール13年の来日前に発行した『ポール・マッカートニー 心のサウンド』の増補版を発行することにした。

 今回増補したのは、『大人のロック!』で発表してきたポール・マッカートニーの日本公演関連の3本の特集と、本書の初版発行時(2013年6月)以降、増補版編集時点(2015年2月末)までのポールの活動と作品で、以下の合計37ページ。
 《新原稿》
①アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015「帰って来る!ポール・マッカートニー」
②アルバム徹底ガイド『NEW』
③アーカイヴ・コレクション(『ヴィーナス・アンド・マース』など3作品)
④追補2014-15(オリジナルアルバム関連以外のシングルやコラボ作品)
 《転載増補特集》
①ワールド・ツアーへのカウントダウン(『大人のロック!』2008年秋号)
②アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2013 日本公演を極める(2013年秋号)
③日本公演2013レポート 絶好調!ポール・マッカートニー(2014年春号)

ポールが現役でがんばり続ける限り、われわれもポールと共に走り続けて、彼の活動と作品の「パーフェクトブック」を作り続けたいと思う。
文/広田寛治


増補以外のページは以下のとおりです。
■ポール・マッカートニー全活動・全作品

◎PART 1
Paul McCartney ON THE RUN
心のサウンド その魅力と足跡

《魅力》

ポール・マッカートニー音楽人生考


KANインタビュー 僕の曲作りの基本はポール・マッカートニー

作曲家ポール・マッカートニー考

作詞家ポール・マッカートニー考

ポール・マッカートニーのラブソング考

ポール・マッカートニーのメッセージソング考

《入門編 早わかりポール》

ポール・マッカートニーの人生EPISODE20

ヒット曲から入るマッカートニー名曲の森

ポールの音と映像の世界に遊ぶ

ポール・マッカートニー ソロ/ウイングス時代のプロモクリップ一覧
◎PART 2

STUDIO RECORDINGS
オリジナルアルバム&シングル徹底ガイド
ポール・マッカートニー
/ラム/
ウイングス・ワイルド・ライフ/
レッド・ローズ・スピードウェイ /
バンド・オン・ザ・ラン/
ヴィーナス・アンド・マース/
スピード・オブ・サウンド
/ロンドン・タウン
/バック・トゥ・ジ・エッグ/
マッカートニーⅡ
/タッグ・オブ・ウォー/
パイプス・オブ・ピース
/ヤァ!ブロード・ストリート
/プレス・トゥ・プレイ/
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
/フラワーズ・イン・ザ・ダート
/オフ・ザ・グラウンド
/フレイミング・パイ
/ラン・デヴィル・ラン/
ドライヴィング・レイン/
ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造
追憶の彼方に~/メモリー・オールモスト・フル/
キス・オン・ザ・ボトム
/アーカイヴ・コレクション

《コラム》

リンダのアルバム『ワイド・プレイリー』

映画やオムニバス盤への提供曲
他
アーティストとのコラボ作品
未発表曲を集めた未発表アルバム『COLD CUTS』/インタビューアルバム
◎PART 3

LIVE PERFORMANCES
パフォーマンス&関連作品ガイド

ウイングス時代1972-1974

ウイングス時代1975-1976

ウイングス時代1979

模索期1985-1988

マッカートニー・バンド1989-1990

マッカートニー・バンド1991-1993

模索期1995-1999
マッカートニー・バンド
2001-2002
マッカートニー・バンド
2002-2003
マッカートニー・バンド
2004-2005
マッカートニー・バンド
2006-2012
ライブ盤シングル一覧
◎PART 4

MULTITALENTED ARTIST

マルチアーティストとしての全作品ガイド

クラシック音楽作品
変名・アンビエント・リミックス作品

絵画・文学・映画など
ポールが製作に携わった映画作品一覧
■ビートルズ関連情報

大人のロック!特別編集『ポール・マッカートニー 心のサウンド 増補版』
2015年3月11日発売
発行:日経BP社
本体1,200円

表紙に「増補版」の文字と赤いワッペンのないのが2013年版です。

2015年2月13日 (金)

リンゴ・スターのニュー・アルバム『ポストカーズ・フロム・パラダイス』3月末発表、オール・スター・バンドは2月〜3月にツアー

リンゴ・スターがオリジナル・スタジオ録音作品として18作目となるアルバム『ポストカーズ・フロム・パラダイス(POSTCARDS FROM PARADISE)』を3月末に発表します。イギリスで3月30日、アメリカで3月31日、日本で4月1日の発売が予定されています。

アルバム収録曲のタイトルは公式ウェブサイト等で発表されており、ビートルズ以前の所属バンドを思い出させる1曲目「ロリー・アンド・ザ・ハリケーンズ」をはじめ全11曲を収録。アルバムの録音にはジョー・ウォルシュ、ベンモント・テンチ(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのキーボード奏者)、デイヴ・スチュワート、ピーター・フランプトンなどがゲスト参加しています。

発売を前にリンゴ・スター公式ホームページは新作にあわせたデザインになり、アルバム『ポストカーズ・フロム・パラダイス』専用サイトも立ち当たっています。ファンからパラダイスの写真を募集するキャンペーンも実施中で、ツイッターまたはインスタグラムにハッシュタグ(#RingoPostcardsContest )をつけて投稿すると、新曲「ポストカーズ・フロム・パラダイス」のビデオに使われる可能性があります。一部の投稿写真はすでにアルバム専用サイトで紹介されています。

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドは2月13日にルイジアナ州ボージャーシティから北米~中南米ツアーを開始。3月1日にブエノスアイレスで開かれる無料コンサートを含め、3月15日のラスベガスまで18回の公演が予定されています。
http://www.ringostarr.com/tour/

オール・スター・バンドのメンバーは2014年と同じくスティーヴ・ルカサー(ギター)、トッド・ラングレン(ギター)、リチャード・ペイジ(ベース)、グレッグ・ローリー(キーボード)、グレッグ・ビソネット(ドラム)、ウォーレン・ハム(サックス)。このメンバー全員がアルバム『ポストカーズ・フロム・パラダイス』の録音でバックをつとめています。

リンゴはアルバムの発売決定とツアー開始にあたり、公式サイト(2月12日付)およびYouTubeチャンネル(2月7日付)でメッセージ動画を公開しました。フェイスブックではツアーのリハーサルのもようが公開されています。

【3月4日追記】
『ポストカーズ・フロム・パラダイス』から、タイトル曲と「ライト・サイド・オブ・ザ・ロード」「ノット・ルッキング・バック」の3曲がアルバムに先がけてiTunesで発売開始となりました。

【3月8日追記】
「ポストカーズ・フロム・パラダイス」のリリック・ビデオがYouTubeのリンゴ公式チャンネルにて3月6日付で公開されました。

  

  

2015年2月11日 (水)

ポール・マッカートニーの日本公演と韓国公演が仕切り直して決定

ポール・マッカートニーが2015年の日本公演と韓国公演の開催決定を発表しました。2014年5月の日本および韓国公演が中止となって以来、およそ1年ぶりの仕切り直しの公演で、引き続き「アウト・ゼアー」を冠したツアーとなります。

1月29日に発表された日本公演4月21日から27日まで、大阪で1回と東京で3回、下記の日程で開催されます。昨年実現しなかった日本武道館公演については、主催者が交渉中であると各紙が報道しています。

ポールにとって初となる韓国公演5月2日にソウルのオリンピック・スタジアム(蚕室総合運動場)で開催されます。

ポールは2014年12月8日に新曲「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」を発売するにあたり各国のメディアの取材に応じましたが、『週刊朝日』(1月2-9合併号)に掲載されたインタビューでは、「日本公演は延期になっているだけで、実現したい」と語っていました。

【2月20日追記】
大阪/東京公演のVIPパッケージとサウンドチェック参加券の追加販売が2月21日からと告知されました。先着による販売で、購入にはキョードー東京メンバーズ(無料)の会員登録が必要です。
https://ticket.kyodotokyo.com/unitlist.do?jigyoBango=5424

【2月23日追記】
ポール・マッカートニー公式サイトが大阪/東京公演の先行予約を日本時間2月26日(木)午後6時より実施します。当日午後4時までにポール公式サイトでメールアドレス等を登録する必要があります(下記リンク先のニュースは英語と日本語で書かれています)。
http://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/out-there-japan-tour-2015

【3月20日追記】
4月28日(火)の日本武道館公演が発表されました。
http://outthere-japantour.com/budokan/index.php

<アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015>
4月21日(火)京セラドーム大阪 午後6時30分開演予定
http://www.kyodo-osaka.co.jp/
4月23日(木)東京ドーム 午後6時30分開演予定
4月25日(土)東京ドーム 午後6時30分開演予定
4月27日(月)東京ドーム 午後6時30分開演予定
http://kyodotokyo.com/pm2015
S席・S席注釈付き(ステージが見えづらい可能性のある席)・バルコニーS席(大阪のみ)18,000円 
A席16,000円 B席14,000円 参加席10,500円 体感席(4月25日・27日)5,500円
チケット一般発売:2月28日(土)午前10時より開始
参加席(大阪)は4月16日(木)より発売
体感席は4月25日の当日券で発表
http://www.crowdsurge.com/paulmccartney/(サイトの言語は日本語も選べます)

VIPパッケージ[#1]93,500円 [#2]83,500円
サウンドチェック参加券67,000円
2月11日午前10時~2月15日(日)受付
2月17日(火)午前10時~2月19日(木)抽選結果表示
2月21日(土)午前10時より追加販売受付(先着による販売)
http://outthere-japantour.com

  

  

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter