フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日 (月)

ステラ・マッカートニー、7月の来日でコレクション発表と講演会

Stella_magazine

ステラ・マッカートニーが7月17日、2015年春のコレクション発表のため来日しました。2013年5月に続く来日となり、香港、東京、北京にほぼ1日ずつ滞在するツアーで、プレゼンテーションのほか講演会も行ないました。

講演会はステラと滝川クリステルさんによるもので、青山学院と『シュプール』誌(集英社)の共催により、同学院の講堂で17日の午後5時から、ハリー杉山さんの司会で開催。青山学院大学の卒業生である滝川さんとその友人であるステラが、二人の共通課題であるサステイナビリティや動物愛護などについて、約1800人の聴講者の前で語りました。

終了後、ステラ マッカートニーの旗艦店がある六本木ヒルズの屋上で新作コレクションのプレゼンテーションが行なわれ、ミュージシャンの小山田圭吾さんなど著名人が出席しました。ファッション・プレスのニュース、『シュプール』のウェブサイトや本誌10月号などで写真を見ることができます。

講演会のもようはWWWジャパンのウェブサイトや、滝川クリステルさんの公式ブログ『シュプール』10月号の記事(2ページ)に写真付きで報告されています。

また、8月24日のフジテレビ『ワンダフルライフ』が滝川クリステルさんに密着取材した内容で、日本滞在中のステラの映像も放送されました。番組のウェブサイトにテキストと写真付きで内容が載っています。

離日後、ステラが表紙の『アエラ』33号が7月28日に発売され、「表紙の人」のページでは、新作コレクションでは両親がかつて着ていた洋服に着想を得て自由を表現したことなど、ステラの談話が掲載されています。

ステラが東京滞在中に撮影した写真や動画はインスタグラムでも公開されています。

【8月29日追記】
この日本滞在中のトピックをまとめた動画(約3分半)が公開されました。旗艦店を訪れたときのようすも見られます。

【9月30日追記】
ステラ・マッカートニーを迎えて『ヴォーグ ジャパン』誌が主催したディナー・パーティStellar Nightのもようが動画(2分50秒)で公開されました。ステラ自身のコメントも見られます。


『アエラ(AERA)』2014.8/4(No.33)
2014年7月28日発売
発行:朝日新聞出版
本体361円


『シュプール(SPUR)』2014年10月号
2014年8月22日発売(近畿、東海、四国)/23日発売(その他の地域)
発行:集英社
本体722円


『ヴォーグ・ガール(VOGUE GIRL)』No.7
2014年8月23日発売
発行:コンデナスト・ジャパン
本体537円
「ステラ・マッカートニーが語る、ワードローブの秘密」掲載
http://voguegirl.jp/magazine/

2014年8月20日 (水)

「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う」プレミアム・ライブが10月24日開催

Pear3002

だれよりもポール・マッカートニー声の伊豆田洋之さんがポールの曲を歌うライブ・シリーズ「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う」。そのプレミアム・ライブが10月24日に開催されます。

プロデュースと司会はサエキけんぞうさん。伊豆田洋之さんの弾き語りのほかに、レギュラーのゲストとして杉真理さん、松尾清憲さん、鈴木雄大さんが出演。
そして今回のスペシャル・ゲストは種ともこさんです。

「イべントから生まれたオリジナル曲を中心に、ポール&ビートルズ好きな音楽仲間とディープにお届けするプレミアムな一夜」と予告されていますが、伊豆田さんとサエキさんの共作によりこれまで発表されたオリジナル曲は伊豆田さんのアルバム『幸せの扉』(5曲入り)に収録されています。収録曲のうちの1曲はポール・マッカートニー作のメリー・ホプキン「グッドバイ」のカバーです。

プレミアム・ライブの予約は8月20日(水)午後2時より、会場のブルースアレイジャパンでインターネットまたは電話で受付開始となります。

<伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う プレミアム3>
日時:2014年10月24日(金)午後6時開場/7時30分開演
会場:東京・目黒/ブルースアレイジャパン
  (目黒駅/ホテルウィング・インターナショナル目黒 地下1階)
料金:[前売]テーブル指定席4,500円+チャージ540円、立見4,500円
   [当日]前売料金+500円
    *前売・当日それぞれ飲食代別

【9月5日追記】
伊豆田洋之デビュー30周年記念アルバム『ハロー・ユア・スマイル(Hello Your Smile)』が11月5日に発売されます。レコーディングには鈴木雄大さん、種ともこさん、田ノ岡三郎さん(アコーディオン)が参加。弦楽四重奏のモーメント・ストリング・カルテットとの共演を含むライブ音源も収録されます。
全収録曲などこちらでご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/fly_high_records/20140905

  

伊豆田洋之『幸せの扉』
2011年10月5日発売
Pearlnet Records/FLY HIGH RECORDS PEAR-3001(FRCD-006)
CD:税抜1,886円

2014年8月19日 (火)

映画『ハード・デイズ・ナイト』リストア版が発売、劇場上映も

ビートルズの初主演映画『ハード・デイズ・ナイト』(1964年公開時の邦題『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』)がデジタル修復およびリマスターされ、初のブルーレイが発売されました。

映像はオリジナルのネガから4K(ハイビジョンの4倍の解像度)でデジタル化。サウンドトラックはアビイ・ロード・スタジオでジャイルズ・マーティンのプロデュースのもとリミックスおよびリマスターされました。

イギリスでは7月4日にiTunesで配信開始、新装版のDVDとブルーレイが7月21日に発売されています。
日本では8月20日にブルーレイのみ発売。初回限定版は通常版の本編のほかに特典ディスクが付き、特典映像にはビートルズ研究家で作家のマーク・ルイソンのインタビュー、1964年のビートルズのインタビュー音声、リチャード・レスター監督による分析が加わっています。

発売にあわせて、映画が英米各地で劇場公開され、日本では8月15日に全国の6館で上映されました。

Toho_harddays

  

ブルーレイ『ハード・デイズ・ナイト(A HARD DAY'S NIGHT)』
2014年7月21日イギリス発売/8月20日日本発売
バップ/初回限定版(特典映像付き2枚組)VPXU-71322、税抜6,800円
通常版VPXU-71323、税抜4,800円

《特典映像》
You Can't Do That! The Making of A Hard Day's Night
Things They Said Today
The Beatles: The Road to A Hard Day's Night ※新たな特典映像
 マーク・ルイソンのインタビュー
In Their Own Voices: The Beatles on A Hard Day's Night ※新たな特典映像
 ビハインド・ザ・シーンおよび写真にヴォイス・オーバーされた1964年のビートルズのインタビュー
Anatomy of a Style ※新たな特典映像
 レスター監督の手法の分析
Picturewise ※新たな特典映像
 リチャード・レスター監督の新しいインタビュー

2014年8月10日 (日)

ビートルズ『MONO LP BOX』9月発売、日本発売日の10日にイベント開催

ビートルズのモノ・ミックスによるLPレコードがイギリスで9月8日、日本では9月10日に初回生産限定で発売されます。日本ではボックス・セット『MONO LP BOX(THE BEATLES IN MONO)』のみ、輸入盤は分売もあります。
http://www.thebeatles.com/news/beatles-get-back-mono

ビートルズは1968年のアルバム『ザ・ビートルズ』(通称ホワイト・アルバム)まで、モノを念頭においてレコードを制作していました。今回発売されるレコードはアビイ・ロード・スタジオでマスター・テープからデジタル技術を使わずに今新たにマスタリングされたものです。ジャケットや内袋等のアートワークはオリジナル盤に忠実に再現されます。

今回発売されるレコードは『プリーズ・プリーズ・ミー』『ウィズ・ザ・ビートルズ』『ハード・デイズ・ナイト』『ビートルズ・フォー・セール』『ヘルプ!』『ラバー・ソウル』『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『マジカル・ミステリー・ツアー』『ザ・ビートルズ』(2枚組)と、モノ時代のアルバム未収録集『モノ・マスターズ』(3枚組)の11作(計14枚)。

ボックスには、ケヴィン・ハウレットによる解説とめずらしい写真や資料を掲載したハードカバーの本(LPサイズ、108ページ)が付録として収納されます。

日本発売日の9月10日には、東京/武蔵小山のライブ・カフェ、アゲインでイベント「サエキけんぞうのコアトーク」が開催され、本物の初版アナログとの聴き比べを交えたガチンコ試聴会などが行なわれることになりました。予約受付は8月15日(金)より始まります(問合先は下記)。

<サエキけんぞうのコアトークvol.84>
「本日発売!ビートルズ・MONOアナログボックスを聴く!比べる!」
2014年9月10日(水)午後7時開場/7時30分開演
オブザーバー・ゲスト:和久井光司 
ゲスト:伊豆田洋之(歌手)、二瓶晋(ユニバーサル担当)
司会:サエキけんぞう
料金:予約2,000円 当日2,500円
会場:東京/武蔵小山アゲイン
(東急目黒線武蔵小山駅より徒歩20秒、ペットサウンズ・ビル地下1階 ) 
イベント予約受付・問合:電話03-5879-2251 s.ishikawa@cafe-again.co.jp

  

ビートルズ『MONO LP BOX(THE BEATLES IN MONO)』
2014年9月8日イギリス発売、9月10日日本発売
ユニバーサルミュージック/UIJY-75007~20
税抜55,370円

【8月17日追記】
ユニバーサルミュージックのウェブサイトに特集ページ「ザ・ビートルズがMONOに回帰 『MONO LP BOX』ここがスゴイ!」が掲載され(8月15日)、ジャケットやレーベル面、日本制作の帯、付録本の一部が公開されました。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter