フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月22日 (月)

映画『ロックショウ』の日本での劇場公開は5月16日から

DVDおよびブルーレイの発売を記念してポール・マッカートニー&ウイングスの映画『ロックショウ』の劇場公開が世界各国で予定されていますが、日本での上映は5月16日からであることが発表されました。

日本の『ロックショウ』公式サイトによると、5月16日と17日の2日間に東京、名古屋、大阪、福岡など全国22館で上映され、東京・六本木と西宮の2館のみ5月22日まで1週間の上映となります。

【5月22日追記】
東京・六本木では上映期間が5月30日まで延長されました。上映スケジュールは日によって変わります。映画の公式サイトTOHOシネマズ六本木ヒルズのウェブページでご覧ください。

    

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターがロサンジェルスで会食

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが4月17日にロサンジェルスでプライベートに再会し、食事を共にしたことが、『デイリー・メイル』電子版(4月18日付)で報じられました。

記事によると、ポールとナンシー・シェヴェル、リンゴとバーバラ・バックはロサンジェルスのウェスト・ハリウッドにあるイタリアン・レストラン、チェッコーニズ(Cecconi's)に相次いで姿を見せ、ディナーを楽しんだということです。

ポールとリンゴは2011年12月にも、ロンドンのメイフェアにある同店で再会したことがあります。

ポール・マッカートニーがリハーサルでローリング・ストーンズと隣合わせに

5月からの「アウト・ゼア!」ツアーに向けてポール・マッカートニーがリハーサル中であることが、バンド・メンバーのツイッターで明かされています。

キーボードのポール・"ウィックス"・ウィッケンズは4月15日、ギターのブライアン・レイは4月19日に、それぞれ自身のツイッターでリハーサルについて言及し、数日間にわたってローリング・ストーンズのリハーサルと隣合わせの場所だったとも述べています。

ポールは5月4日から、ストーンズは5月2日からツアーを行なうことが発表されています。

オノ・ヨーコの新曲が全米クラブ・チャートで1位を獲得

オノ・ヨーコの新曲「ホールド・ミー」が、4月27日付の全米クラブ・プレイ・チャートで1位に輝きました。

これはヨーコの80歳の誕生日を記念してダウンロード配信のみでリリースされた曲で、従来のような旧作のリミックスではなく、新曲をデイヴ・オードなどがミックスしたものとなっています。ヨーコのウェブサイトによると「Remixes Part 1」と「Remixes Part 2」の2種類があり、iTunes Storeでは「Part 1」が2月5日、「Part 2」が3月26日に配信を開始しています。

全米クラブ・プレイ・チャートでは3月23日付でトップ10内に入り、4月13日付と20日付では2位まで上昇していました。ヨーコにとっては同チャートで10曲目の1位獲得となります。

「ホールド・ミー」のビデオ・クリップはこちらで視聴することができます(音が出ますので注意)。

ポール・マッカートニーの「アウト・ゼア!」ツアーの日程が続々と追加に UPDATE!

ポール・マッカートニーが5月から予定している「アウト・ゼア!」ツアーの日程がさらに追加され、ポールの公式サイトで相次いで発表されています。このうち、7月9日のボストン、フェンウェイ・パークでの公演は発売から5分も経たずにソールド・アウトとなり、同会場におけるチケット完売までの最速記録を作ったと報じられています。

4月21日現在、正式発表されている日程は以下のとおりです。ニューヨーク(ブルックリン)とミルウォーキーでの公演が追加されました。

 5月 4日 ブラジル、ベロオリゾンテ/Mineirao Stadium
 5月 6日 ブラジル、ゴイアニア/Serra Dourada Stadium
 5月 9日 ブラジル、フォルタレザ/Castelao Stadium
 5月18日 アメリカ、フロリダ州オーランド/Amway Center
 5月19日 アメリカ、フロリダ州オーランド/Amway Center
 5月22日 アメリカ、テキサス州オースティン/Frank Erwin Arena
 5月23日 アメリカ、テキサス州オースティン/Frank Erwin Arena
 5月26日 アメリカ、テネシー州メンフィス/FedEx Forum
 5月29日 アメリカ、オクラホマ州タルサ/BOK Center
 5月30日 アメリカ、オクラホマ州タルサ/BOK Center
 6月 8日 アメリカ、ニューヨーク州ブルックリン/Barclays Center【4月18日発表】
 6月10日 アメリカ、ニューヨーク州ブルックリン/Barclays Center【4月18日発表】
 6月22日 ポーランド、ワルシャワ/National Stadium
 6月25日 イタリア、ベローナ/Roman Amphitheatre
 6月27日 オーストリア、ウィーン/Happel Stadium
 7月 9日 アメリカ、マサチューセッツ州ボストン/Fenway Park
 7月12日 アメリカ、ワシントンDC/Nationals Park
 7月14日 アメリカ、インディアナ州インディアナポリス/Bankers Life Fieldhouse
 7月16日 アメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキー/Miller Park【4月15日発表】
 7月19日 アメリカ、ワシントン州シアトル/Safeco Field

2013年4月21日 (日)

結成25周年を迎えたピート・ベスト・バンド、4月に来日公演、コットンクラブで

The_pete_best_band_b6

ビートルズのレコード・デビュー前のドラマーであるピート・ベストが4月に来日します。

弟のローグ・ベストらとともにピート・ベスト・バンドを結成してから、今年で25年になるのですね。5人編成のバンドで、ロックンロール・ナンバーなどがライブ演奏される予定です。オリジナル曲だけを収録したピート・ベスト・バンドの最新アルバム『HAYMANS GREEN(ヘイマンズ・グリーン)』からも披露されるでしょう。リバプールのウェスト・ダービー地区にあるヘイマンズ・グリーン8番地は、1959年にピートの母モナ・ベストがオープンさせビートルズも出演したたカスバ・コーヒー・クラブのある場所です。

ピート・ベスト・バンド来日公演は4月27日から3夜連続、1日2回公演(入替制)です。
公演会場となるコットンクラブのウェブサイトでは告知動画も公開されています。

また、協賛しているインターFMでときどきラジオで公演告知のCMが流れていますよ。

ピート・ベスト・バンドのフェイスブックでも「ショーを観にきて」と呼びかけています。

<THE PETE BEST BAND公演日程>
日時:2013年4月27日(土)、28日(日)、29日(月祝)
   1st:午後4時開場/5時開演
   2nd:午後6時30分開場/8時開演
会場:コットンクラブ(JR東京駅より徒歩2分)
ミュージックチャージ:7,000円~9,000円
コットンクラブのウェブサイトまたは電話で予約受付中
(ボックス席はインターネットのみ、公演当日の午後2時以降は電話で)
(ボックスBの人数追加は電話でお問い合わせください)
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/

[フロム・ビーのメールマガジンBEA-MAIL2013年4月15日号より加筆修正]

【4月25日追記】
公演期間中、ピート・ベスト在籍時のビートルズの写真が会場内で展示販売されます。
1点は1960年にアストリット・キルヒヘルがハンブルクで撮影した写真。もう1点は61年にビートルズ初の公式写真のフォト・セッションでアルバート・マリオンが撮影したものの一つです(その公式写真は上記の公演告知画像にも使われています)。

【4月27日追記】
初日のハイライト場面のライブ映像がコットンクラブのウェブサイトで公開されました。
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artist/pete-best/

    

2013年4月15日 (月)

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』『ロックショウ』のリリースが正式発表に

Btotal_deluxe_packshot_2_of_2

アルバム『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』のリマスター盤と映画『ロックショウ』のDVDおよびブルーレイの発売が、4月9日にポール・マッカートニー公式サイトで正式に発表されました。

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』(旧邦題『ウイングス・U.S.A.・ライヴ!!』)は、2010年の『バンド・オン・ザ・ラン』に始まった「ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション」シリーズの第5弾で、日本盤は通常盤とスーパー・デラックス・エディションの2種類、英米ではそれに加えてアナログ盤がリリースされます。

日本のユニバーサル ミュージックのポール公式サイト(4月10日付)等によると、スーパー・デラックス・エディションはCD3枚(本編と未発表ライブ音源)、DVD1枚(ドキュメンタリー『ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド』)に4冊の冊子を加えた豪華なボックス仕様。ポールの公式サイト(4月10日付)ではボックスの中身が写真と映像で紹介されています。発売日はイギリスが5月27日、アメリカが5月28日、日本が5月29日の予定です。

『ロックショウ』は1981年に日本でのみ公開された完全版を収録。発売元のヤマハミュージックアンドビジュアルズのサイトによると、通常盤のほかにオリジナル限定Tシャツ付きもあります。日本では『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』と同じ5月29日に先行発売され、イギリスでは6月10日発売の予定です。

またポールの公式サイト(4月9日付)によると、5月15日を皮切りに『ロックショウ』が世界500か所で劇場公開されます。同日にロンドンのBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)で行なわれる上映では、ポールの舞台挨拶が予定されています。

【2013年4月23日追記】
『ロックショウ』の限定Tシャツ付きDVD/ブルーレイはアーティストの意向により発売中止となったことがヤマハミュージックアンドビジュアルズより発表されました。通常盤の発売予定に変更はありません。

  

    

  

リンゴ・スターがツイッターで南米公演の予定を明かす

リンゴ・スターは自身の公式ツイッター(4月12日付)を通じ、オール・スター・バンドと共に南アメリカへのツアーを行なう予定であることを明かしました。4月14日現在、ツアーの詳細についてはまだ公式発表されていません。

オノ・ヨーコがキュレーターを務めるメルトダウン・フェスティバルのラインナップが発表

6月14日から23日までロンドンのサウスバンク・センター(ロイヤル・フェスティバル・ホールほか)で開かれるメルトダウン・フェスティバルのラインナップが発表されました。

2013年の同フェスティバルはオノ・ヨーコがキュレーターとして企画に携っています。ヨーコは初日に「ヨーコ・オノ・プラスティック・オノ・バンド」として出演するほか、最終日には『ダブル・ファンタジー』全曲を演奏するライブを主宰します。

出演者としてはほかにボーイ・ジョージ、マリアンヌ・フェイスフル、パティ・スミス、イギー・ポップ、サーストン・ムーア、坂本龍一、チボ・マットなどが発表されています。

なお、ヨーコは自身のフェイスブックページ(4月8日付)を通じてジュリアン・レノンの誕生日を祝福しています。


2013年4月11日 (木)

世界のバンドがつなぐ「フロム・ミー・トゥ・ユー」 From Me To You 50th Anniversary

2013年4月11日で、ビートルズのシングル「フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You)」がイギリスで発売されてから50年。
50周年を記念して、リバプールにある博物館ビートルズ・ストーリーキャバーン・クラブの協力を得てプロジェクトを立ち上げ、世界各国のビートルズ・トリビュート・バンドにこの曲を演奏してもらって1本のビデオ作品に編集しました。

そして完成したビデオが記念日当日に発表。これです↓

楽しい!
それに、ビートルズの影響力の大きさを感じさせます。

イギリス、スロバキア、日本、スイス、カナダ、フランス、スペイン、オーストラリア、アメリカ、アルゼンチン、イスラエル、ハンガリー、ブラジルから参加したバンド20組による「フロム・ミー・トゥ・ユー」のリレーです。
日本からはザ・ビートライブス(The Beatribes)、ザ・クローバー(The Clover)、ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields)の3組が参加しています。

エントリーされたすべての動画はこちらのページで公開されています。
http://tinyurl.com/beatlesglobalrelay

「フロム・ミー・トゥ・ユー」といえば、ビートルズが初めて公式の全英チャートで1位を獲得したシングル(「プリーズ・プリーズ・ミー」が1位になったのは音楽誌のチャートだけでした)。
世界中のバンドがつなぐ「フロム・ミー・トゥ・ユー」で、記念すべき曲の50周年をお祝いしましょう。

Beatles_global_relayfrom_me_to_yo_2
あ、ギネス飲んでますね〜。

Thanks to Mr. Jo Gamble from Creative Concern and Kazuo Yamamoto-san from Scouse House

2013年4月 8日 (月)

リンゴ・スターが動画メッセージで「Japan was great!」

リンゴ・スター公式サイトの動画メッセージが4月5日に更新されました。そのなかでリンゴはオセアニアと日本でツアーを行なったこと、DVD『リンゴ・アット・ザ・ライマン 2012』が発売されたこと(日本発売は5月)、次のアルバムの制作に取りかかっていること、最近はツイッターを楽しんでいることを報告し、特に日本公演については「すばらしかった!(Japan was great!)」と強調しています。

    

フィル・ラモーンの訃報にポール・マッカートニー、ジュリアン・レノンが哀悼のコメント

3月30日に亡くなった音楽プロデューサーのフィル・ラモーンの訃報を受け、ポール・マッカートニーとジュリアン・レノンがそれぞれに哀悼のコメントを発表しました。

ポールは自身の公式サイト(4月1日付)に1971年の「アナザー・デイ」制作中の写真を掲載し、当時をふりかえって「最初に一緒に仕事をしたのはニューヨークのA&Rスタジオで「アナザー・デイ」を録音したときだった。感じがよく、プロデュースとエンジニアリングの双方で専門的な知識を備えていた」などと述べています。ポールは1980年代にもラモーンを迎えてレコーディングを行ない、ラモーンは「スパイズ・ライク・アス」「ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー」などでプロデュースを務めました。

デビュー・アルバム『ヴァロッテ』と次作『デイドリーミング(デイ・ドリームの街で)』でラモーンにプロデュースを委ねたジュリアンは、自身の公式サイト(3月30日付)で「知らせを聞いて深く悲しんでいる」「フィル、ぼくらはお互いのことをもう一度わかろうとしはじめたところだったのに」などと述べています。

ほかにビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、キャロル・キング、トニー・ベネット、バーブラ・ストライザンドなど、多くのアーティストが哀悼のメッセージを寄せています。

ラモーンは心臓の手術を受けたあとの合併症のため、ニューヨークの病院で79歳で亡くなりました。リンゴ・スターのアルバム『タイム・テイクス・タイム』でも2曲でプロデュースを担当しています。

『レット・イット・ビー...ネイキッド』のインターネット配信が開始に

ビートルズのアルバム『レット・イット・ビー...ネイキッド』のインターネット配信が、iTunes Storeで4月2日より開始されました。これに合わせて「ゲット・バック」と「ドント・レット・ミー・ダウン」のミュージック・ビデオもダウンロードで購入できるようになっています。

リンゴ・スターは自身のツイッター(4月3日付)で『ネイキッド』の配信について触れ、「お気に入り(It's my favorite)」だと述べています。

2013年4月 7日 (日)

ローレンス・ジュバー/住出勝則ツアー2013 A Solo Guitar Tribute to The Beatles

元ポール・マッカートニー&ウイングスのギタリスト(1978年加入)で、ウイングス解散後はソロで活躍するローレンス・ジュバーと、シグナルなどのグループを経てソロ・ギタリストとして国内外で活動する住出勝則さんのジョイントによる日本ツアーが4月9日から開催されます。

ふたりは2004年、05年の日本公演でも競演していますが、今回のライブではおもにビートルズ・ナンバーをソロ・ギターで演奏するという特別な企画です。

ローレンス(LJ)はすでに『LJ PLAYS THE BEATLES』シリーズを2作発表しており(2000年、10年)、住出さんは初のカバー・アルバム『マサ・スミデ・プレイズ・ザ・ビートルズ』を2013年1月16日に発表しています。

〈公演日程〉
4月 9日(火)東京/BACK IN TOWN
4月10日(水)東京/BACK IN TOWN
4月12日(金)大阪/amHALL(アムホール)
4月13日(土)京都/磔磔
4月14日(日)名古屋/GARY'S(ゲーリーズ)
総合問合:プー横町 
http://www.h2.dion.ne.jp/~slice/pooh/live.html

もしあなたがビートルズ・ファンでなくても、ウイングス・ファンでなくても、このふたりのギター・プレイは観ておいたほうがいいですよ〜。

フロム・ビーではローレンス・ジューバまたはジューバーと書いてきましたがツアー・タイトルどおりに掲載しますね。

    


2013年4月 1日 (月)

ポール・マッカートニーが息子ジェイムズのライブにロニー・ウッドと飛び入り

3月27日にロンドンのアンバサダーズ・シアターで行なわれたジェイムズ・マッカートニーのライブに、ポール・マッカートニーとロニー・ウッドがスペシャル・ゲストとして飛び入り出演しました。

ジェイムズのファン・クラブのウェブサイト(3月28日付)によると、まずロニーがステージに登場してジェイムズを紹介し、最初の曲でギターを担当。続いてステージの終盤でロニーが2曲共演したあと、ポールがピアノで加わりアンコールを含む3曲を共に演奏したということです。客席には姉のメアリーとステラの姿もあったと伝えられています。

当日の写真は上記のサイトおよび『デイリー・エクスプレス』電子版(3月28日付)などで見ることができます。

この日のライブは、4月から始まるジェイムズの全米ツアーのウォームアップ・ギグでした。公式サイトによると、4月6日から6月11日にかけて全米各都市をまわって44公演を行ない、5月21日には初めてのフル・アルバム『ME』をリリースすることになっています。

    

ステラ・マッカートニーがOBE勲章の授与式に出席

ステラ・マッカートニーは3月26日、ロンドンのバッキンガム宮殿を訪れ、エリザベス女王よりOBE勲章(大英帝国四等勲士)を受けました。

『デイリー・メイル』電子版(3月27日付)によると、授与式で女王から「いつもお忙しそうですね」と声をかけられたステラは「陛下ほどではありません」と答え、「これまででいちばんの名誉はオリンピックのユニフォームをデザインしたこと」だと述べたといいます。

当日の写真はAFP通信(3月27日付)をはじめとする各メディアのほか、ステラの公式ツイッター(3月26日付)にも掲載されています。

『ロックショウ』の劇場公開と『ウイングス・U.S.A.・ライヴ!!』の新装発売も5月に予定

5月に予定されているウイングスの映画『ロックショウ』のDVDとブルーレイの発売に先立ち、この映画の世界規模での劇場公開が5月15日にスタート予定であることがわかりました。各国における詳細についてはまだ正式発表されていませんが、『ロックショウ』の劇場公開に関するウェブサイトが立ち上がり、予告の視聴などが始まっています。

また、『ビルボード』誌のウェブサイト(3月22日付)でキャピトル・ミュージック・グループ(現在はユニバーサル・ミュージック・グループ傘下)の関係者が明かした2013年のリリース予定のなかに、アルバム『ウイングス・U.S.A.・ライヴ!!』の新装発売(5月28日予定)が含まれています。

  

    

  

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter