フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

ポール・マッカートニーが「アウト・ゼア!」ツアーの開催を発表、ボナルー・フェスティバルにも出演【UPDATE】

ポール・マッカートニーが「アウト・ゼア!」と題した新たなツアーを行なうことが発表されました。

ポールの公式サイト(3月20日付)によると、ポールは2013年の間はこのツアーで世界中をまわり、これまでに訪れたことのない場所での公演も予定しているといいます。3月25日現在で明らかになっているのはポーランドとオーストリアでの公演ですが、その後も日程が追加されることが予告されています。

3月26日までにブラジルとイタリアでの日程が追加発表されています。【2013/04/01追加】

 5月 4日 ブラジル、ベロオリゾンテ/Mineirao Stadium
 5月 6日 ブラジル、ゴイアニア/Serra Dourada Stadium
 5月 9日 ブラジル、フォルタレザ/Castelao Stadium
 6月22日 ポーランド、ワルシャワ/National Stadium
 6月25日 イタリア、ベローナ/Roman Amphitheatre
 6月27日 オーストリア、ウィーン/Happel Stadium

また、同サイト(2月19日付)では、6月13〜16日にアメリカのテネシー州マンチェスターで開かれるボナルー・フェスティバル2013にポールが出演することが正式発表されています。3月25日現在、ポールの登場日程は明らかにされていません。

リンゴ・スターがジョー・ウォルシュのレコーディングに参加、ミック・ジャガーも共演

リンゴ・スタージョー・ウォルシュのレコーディングに参加したことが、ウォルシュのツイッター(3月8日付)で写真入りで報告されています。

ロサンジェルスのキャピトル・スタジオで撮影された写真には、リンゴのほかミック・ジャガージム・ケルトナーなどが写っています。録音した作品の詳細には触れられていません。

オノ・ヨーコがジョン・レノンのメガネの写真で銃規制を訴える

オノ・ヨーコは3月20日、自身のツイッターに銃規制を訴えるメッセージを掲載しました。ツイートにはジョン・レノンが1980年12月8日に撃たれたときにかけていたメガネの写真が添えられ、大きな反響を呼んでいます。

ヨーコは、ジョンが殺されてから現在までにアメリカ国内で銃によって殺された人の数が105万7000人を超え、毎年3万1537人に上ることを示し、愛する者を亡くすのは空しい経験であると述べています。

ジョンのメガネはアルバム『シーズン・オブ・グラス』(1981年)のジャケットにも使われたもので、ツイートが行なわれた3月20日はジョンとヨーコの44回目の結婚記念日でもありました。3月25日現在、リツイートの件数は2万件を超え、そのなかにはアメリカのオバマ大統領の公式アカウントも含まれていたことが、各メディアで報じられています。

メッセージと写真はヨーコのウェブサイト「IMAGINE PEACE」にも「IMAGINE NO GUNS」と題して掲載されています。


『プリーズ・プリーズ・ミー』の発売50周年を記念して「アマゾン」が1日だけ1963年仕様に

3月22日、ビートルズのデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』がイギリスで発売されてからちょうど50年を迎えました。イギリスの「アマゾン(amazon.co.uk)」ではこれを記念し、当日1日だけの限定で「音楽」カテゴリーのトップページを1963年仕様にカスタマイズしました。

どのような画面だったのかはビートルズ公式サイトで見ることができます。

    

2013年3月18日 (月)

ウイングス『ロックショウ』のDVDとブルーレイが5月発売へ

ウイングス全盛期の1976年の全米ツアーの演奏を収めた映画『ロックショウ』のDVDとブルーレイが発売されることになりました。

「amazon.co.jp」などによると、日本では5月22日にヤマハミュージックアンドビジュアルズよりリリース予定。通常盤に加え限定盤(オリジナルTシャツ付きボックス)も発売され、さらに映画『ロックショウ』の劇場公開(詳細は未定)についても予告されています。

    

    

エリック・クラプトンのアルバムにポール・マッカートニーが参加

エリック・クラプトンの最新アルバム『オールド・ソック(OLD SOCK)』のなかの1曲に、ポール・マッカートニーがベースとボーカルで参加しています。

ポールが演奏しているのは、ルイ・アームストロングやフランク・シナトラが歌ったスタンダード・ナンバー「オール・オブ・ミー」。iTunes Storeなどで一部を試聴することができます。

アルバムは3月12日にアメリカ、20日に日本、25日にイギリスで発売。日本での発売元ユニバーサル ミュージックのウェブサイトでは、クラプトンにとって3年ぶり、21作目となるアルバムだと紹介されています。

    

ジョージ・ハリスンの生誕70年を記念するイベントが各地で開催

2月25日(公式には)に生誕70年を迎えたジョージ・ハリスンを記念するイベントが、世界各地で行なわれました。

故郷リバプールでは、2月26日から3月7日にかけて美術家団体のリバプール・アカデミー・オブ・アーツが主催する特別展「For George」を開催。マージーサイドのアーティストたちがジョージをテーマに描いた絵画作品が同アカデミーのギャラリーに展示され、2月25日の内覧会には(ジョージが援助していた)クリシュナ・コンシャスネス・ソサエティの面々も出席しました。

アメリカのハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムでは、キャピトル・レコード本社前にあるジョージの星形プレートにおいて、生誕70年を祝う集会が催されました。ジョージの公式サイト(2月16日付)によると、ほかに2月16日にニューヨーク、20日にマサチューセッツ州、23日にオレゴン州でもトリビュート・イベントが開かれたということです。

なお、ジョージのサイトはトップページを含めリニューアルされています。

オノ・ヨーコが80歳の誕生日を記念してベルリンで公演、フランクフルトでは回顧展も

2月18日に80歳の誕生日を迎えたオノ・ヨーコは、前日の2月17日にドイツのベルリンにある劇場フォルクスビューネでステージに立ちました。

ヨーコはショーン・レノン、本田ゆかをはじめとするプラスティック・オノ・バンドをバックに「ウォーキング・オン・シン・アイス」などを歌いました。当日の写真とセットリストはヨーコのウェブサイト(2月17日付)に掲載されています。客席にはクラウス・フォアマンの姿があったと伝えられています。

プラスティック・オノ・バンドの一員として共演したあらきゆうこさんのツイッター(2月17〜18日)でも、ベルリンでの写真を見ることができます。

また、ヨーコの60年にわたるアート活動を記念した本格的な回顧展「ハーフ・ア・ウィンド・ショー」がドイツのフランクフルトにあるシルン美術館で始まり、2月14日に行なわれたオープニングにヨーコが出席しました。当日の写真はこちらです。会期は2月15日から5月12日までの予定です。

ヨーコのウェブサイト(2月11日付)では展覧会のプロモーション映像や展示風景、オープニング当日の映像も見られます。

    

2013年3月11日 (月)

リンゴ・スターの日本公演が無事に終了

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドは、2月25日から3月2日にかけての日本公演の日程を無事に終えました。リンゴの公式ツイッターでは、日本滞在中の写真などが紹介されています。

日本公演(東京、名古屋、大阪)のセットリストは以下のとおりです。基本的にオーストラリア公演と共通ですが、曲順が少し変わりました。

・マッチボックス*
・明日への願い*
・ウィングズ
・瞳の中の愛(トッド・ラングレン)*
・イヴィル・ウェイズ(グレッグ・ローリー)*
・ロザーナ(スティーヴ・ルカサー)*
・キリエ(リチャード・ペイジ)
・ドント・パス・ミー・バイ
・バング・ザ・ドラム・オール・デイ(トッド・ラングレン)
・ボーイズ*
・イエロー・サブマリン*
・ブラック・マジック・ウーマン(グレッグ・ローリー)
・ハニー・ドント
・アンセム
・ユー・アー・マイン(リチャード・ペイジ)
・アフリカ(スティーヴ・ルカサー)
・エヴリバディーズ・エヴリシング(グレッグ・ローリー)
・アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
・愛こそ証し(トッド・ラングレン)
・ブロークン・ウィングス(リチャード・ペイジ)*
・ホールド・ザ・ライン(スティーヴ・ルカサー)
・想い出のフォトグラフ*
・アクト・ナチュラリー
・ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ〜平和を我等に*

3月2日の幕張メッセ公演(ユニバーサル ミュージックのライブ・イベント「U-EXPRESS LIVE 2013」出演)では、上記「*」印の曲のみ演奏されました(ただし「ロザーナ」は「ブロークン・ウィングス」の後)。「U-EXPRESS LIVE 2013」公式サイトには、当日のレポートが掲載されています。

グラミー・ミュージアムでリンゴ・スターの特別展を開催へ

リンゴ・スターの歩みに焦点を当てた特別展「リンゴ:ピース&ラブ」が6月12日よりロサンジェルスのグラミー・ミュージアムで開かれることになりました。

リンゴの公式サイト(3月7日付)によると、これはリンゴ自身の協力による初めての特別展で、リンゴの誕生から現在までを貴重な展示品と共に紹介。シェイ・スタジアムで使用したドラム・セット、『エド・サリヴァン・ショー』で使用したドラム・セット、映画『ヘルプ!』で着ていたケープ、アップル・ビル屋上ライブのときに着ていた赤いコートをはじめ、手紙や写真、資料などが展示されます。

会期は11月まで。その後主要都市(詳細は未定)での開催も予定されています。

リンゴ&オール・スター・バンドの2012年7月7日のライブがDVD発売へ

Ringo_at_the_ryman

2012年7月7日にアメリカのナッシュビルで行なわれたリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのライブを収録したDVD『リンゴ・アット・ザ・ライマン 2012(RINGO AT THE RYMAN)』が3月にアメリカ、5月8日に日本で発売されることになりました。

2月25日からの日本公演や3月2日のライブ・イベント「U-EXPRESS LIVE 2013」で配布されたチラシなどよると、DVDにおけるオール・スター・バンドのメンバーは2013年の来日時と同じで、来日公演での演奏曲の大半を収録。さらに、リンゴの72歳の誕生日だったことで特別にゲスト出演したジョー・ウォルシュによる「ロッキー・マウンテン・ウェイ」なども含まれています。

アメリカでの発売日は、プレス・リリース発表時(1月29日)には3月19日と報じられていましたが、その後、アマゾン等の通販サイトでは3月26日と予告されています。

【5月6日追記】
DVDの日本発売日が5月29日に変更されています。日本盤のみ日本語字幕付きです。
発売元ユニバーサルミュージックのリンゴ・スターのウェブページはこちら。
http://www.universal-music.co.jp/ringo-starr/

    

ジュリアン・レノンの新曲が誕生日の4月8日に発売

ジュリアン・レノンがエアロスミスのスティーヴン・タイラーと共作・共演した新曲「Someday」が、ジュリアンの50歳の誕生日にあたる4月8日にiTunes Storeからのダウンロード配信でリリースされます。

ジュリアンの公式サイト(3月6日付)によると、このシングルのリリースのあとは、アルバム『EVERYTHING CHANGES』(2011年イギリス発売)の世界発売も予定されているとのことです。


ステラ・マッカートニーがパリコレで新作を発表、ポール、ジェイムズ、ダニー・ハリスンなどが観覧

2月26日から3月6日までパリで開かれた2013〜14年秋冬コレクションで、3月4日にステラ・マッカートニーの新作が発表されました。会場となったオペラ座にはポール・マッカートニーとナンシー・シェヴェル、ジェイムズ・マッカートニー、ステラの夫アリステア・ウィリスのほかダニー・ハリスン、マリアンヌ・フェイスフル、U2のボノなどが姿を見せ、ショーを観覧しました。

当日の写真はポールの公式サイト(3月5日付)および『デイリー・メイル』電子版(3月4日付)に掲載されています。

コレクションの写真はこちらでも紹介されています。ショーの動画はこちらで見ることができます。

2013年3月 9日 (土)

『ランキング!ザ・ビートルズ』 日本が愛したビートルズ 「達人」100人のお気に入り

Rankingweb_2


ちょっと「凄い」ビートルズのランキング本の登場です。
もちろん、レコード売上やチャートのランキング、メンバー別の作曲数やボーカル曲数といった基本的なランキングから、レコーディング参加・不参加ランキングや、ライブ演奏の多い曲少ない曲といった世界初のランキングまで、よくもここまでというランキングが掲載されています。こうした有無を言わせぬ数字の語るランキングは、それはそれでとてもおもしろいのです。


ところが、この本のおもしろさは、そこに留まりません。
日本でビートルに触発され、ビートルズを愛し、ビートルズを聴きつぎ、語り継いできた、さまざまなジャンルを代表する日本のビートルズの「達人」100人が、本気でお気に入りを選び、それにコメントを寄せてくれているのです。
それも、オリジナル・アルバムやジャケットのランキング、ビートルズが公式に発売した全曲のランキングを手はじめに、イントロの好きな曲は? エンディングの好きな曲は? といったちょっとマニアックなランキングから、お好きな髭は? お好きな恋人は?? といった「おいおい、そんなことまで選ばせるのか」という、ちょっとミーハーで楽しいテーマのランキングにまで挑戦していただいたのです。
こんなランキング本、間違いなく、まさに世界初!でしょう。
笑ってください。笑えるランキング満載です。


でも笑ってばかりもいられません。日本は、自慢ではありませんが、縄文・弥生以来培われてきた日本の伝統音楽を捨て去って(でも捨てきれていませんが)、明治維新以降、必死に西洋音楽を追い求めてきたわけです。で、歴史を振り返って、よくよく考えてみると、日本が大衆レベルでもっとも影響を受けた西洋のミュージシャンは、じつは「ビートルズ」だったのです。まぁ、異論もあるでしょうが、間違いなく「ビートルズ」なのです。
そのビートルズを本気で聴き続け、そこから触発された「達人」100人が、ビートルズをいかに聞き、いかに受容し、それをいかに日本の音楽や文化に取り入れてきたのかが、このランキング本からなんとなく透けて見えてくるのです。じっくりと読み解けば、日本が愛したビートルズ、日本が受容したビ—トルズ、さらには日本が受容した西洋音楽、日本が受容した西洋文化の特性がうっすらと、みえてくるかもしれません。そのことを論証している難しい本ではありませんが、そんなことも思いながら読んでいただければ、ビートルズと日本音楽のすてきな関係を知ることができるかもしれません。あくまでも「なんとなく」ですが…。
 
ランキングという以上、結果は冷徹な数字で表現されています。がしかし、そのランキングによせられた「達人」100人の熱い声にぜひ耳を傾けてください。これからビートルズを本気で聴こうという方は「達人」から直接レクチャーを受けているような気分を、ビートルズをしっかりと聴いてきた方は「達人」たちとビートルズを肴におしゃべりをしているような気分で、気になるページをつまみ食いしながら、本書を読み進めてください。
 
本書は、ランキング本の体裁を借りているものの、日本のビートルズの「達人」によるアルバム・ガイドであり、全曲ガイドでもあるといえるのではないかと思っています。ビートルズのこととなると、ついつい熱くなってしまいます。こんな僕以上に、熱い熱い100人の「達人」たちのビートルズ論をぜひともたっぷりとお楽しみください。


広田寛治



SHINKO MUSIC MOOK『ランキング!ザ・ビートルズ』
The Beatles’ Ranking in Japan
2013年3月16日発売
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント
本体1,000円 税込1,050円
フロム・ビー編


 


もくじ


◎はじめに ビートルズの「達人」100人による含蓄あるランキング


◎Part 1 オリジナル・アルバム ランキング 発表!お気に入りアルバム・ランキング
発表!お気に入りジャケット・ランキング
発表!アルバム別お気に入り曲ランキング+「達人」100人によるアルバムへのコメント
パスト・マスターズ1&2

 

◎Part 2 公式発売曲完全ランキング 1位〜211位



◎Part 3 公式録音曲おもしろランキング ビートルズに目覚めた曲
人生の最後に聴きたい曲
お気に入りカバー曲
お気に入りライブ曲
イントロ、エンディングの印象的な曲
ギター、ベースの印象的な曲
ドラム、パーカッションの印象的な曲
キーボード、ストリングスの印象的な曲
ボーカル、コーラスの印象的な曲
ハモニカ、ハンドクラッピングの印象的な曲


◎Part 4 公式映像作品ランキング 好きなビートルズ主演映画
主演映画の印象的なシーン
お気に入りプロモーション・フィルム


◎Part 5 編集盤 聴きどころランキング アンソロジー1〜3
ザ・ビートルズ・ライブ!!アット・ザ・BBC
レット・イット・ビー…ネイキッド
イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜
ザ・ビートルズ1962年〜1966年
ザ・ビートルズ1967年〜1970年
ザ・ビートルズ1

 

◎Part 6 メンバーいろいろランキング もっとも影響を受けたメンバー
もっともかっこいいと思うメンバー
5番目のビートルはだ誰?
メンバーの恋人や妻などで好感が持てる女性は?
4人にお似合いの楽器・ファッションは?
4人にお似合いの髪形や髭は?
オリジナル曲で誰が書いた曲が好き?
ジョンのボーカル曲でベストは?
ポールのボーカル曲でベストは?
ジョージ、リンゴのボーカル曲でベストは?


◎Part 7 夢のタイムマシーン ランキング もしもデビュー前のビートルズに遭遇できたら…
見てみたいアルバム・セッション
見てみたい公式曲のレコーディング
見てみたいデビュー後のライブ
もしメンバーに会えたら聞いてみたいこと



◎Part 8 おもしろデータ ランキング アルバムの売上ランキング
アルバムのチャート・ランキング
メンバー別作曲数・ボーカル数比べ
レコーディング参加・不参加比べ
演奏時間の長い曲・短い曲ベスト10
タイトルの長い曲・短い曲ベスト10
4人以外人物の参加曲数・曲別録音テイク数比べ
ライブ演奏の多い曲・少ない曲ランキング
好きな同時代のミュージシャンは?


 

◎Part 9 日本のビートルズの「達人」100人 調査の概要と「達人」100人について
「達人」のプロフィール
ビートルズ情報&関連インフォメーション

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter