フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

『マジカル・ミステリー・ツアー』のDVDが新装発売へ、初のブルーレイ化も

ビートルズのテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』が、DVDおよびブルーレイとして新装発売されることになりました。初めてのブルーレイ化であり、DVDの発売も15年ぶりとなります。

リリースはイギリスで10月8日、アメリカで9日、日本で10日の予定。9月27日以降イギリス、アメリカ、日本を含む各国で劇場公開との予告も出ています。

EMIミュージック・ジャパンのビートルズ公式サイト(8月22日および23日付)によると、映画は今年6月発売の『イエロー・サブマリン』のときと同じスタッフの手でデジタル修復され、音声はジャイルズ・マーティンなどによってリミックスされました。

発売フォーマットはDVD、プルーレイ、その両方を収めたデラックス・エディションの3種類。いずれにも本編に匹敵する長さ(50分以上)の特典映像と、ポール・マッカートニーによる監督のコメンタリーが付きます。

特典映像にはポールやリンゴ・スターへの新録インタビューや未公開映像からなるドキュメンタリー、本編でカットされたシーン、BBCが1967年当時に制作した「ハロー・グッドバイ」のミュージック・ビデオなどが含まれます。

デラックス・エディションはLPレコード大のボックスに収められ、60ページのブックレットと、当初は2枚組7インチEPとして発売されたサントラ盤の復刻版が付きます。

上記のサイトでは今回の新装発売のプロモーション映像も見ることができ、そこではデラックス・エディションの概略も紹介されています。

    

BBCが『マジカル・ミステリー・ツアー』のテレビ・ドキュメンタリーを制作

『マジカル・ミステリー・ツアー』のDVDとブルーレイの発売を前に、10月2日にロンドンのサウスバンクにある英国映画協会(BFI)の施設で同作品の特別上映会が開催されます。

この上映会では映画の本編と併せて、BBCテレビのドキュメンタリー番組『アリーナ』のために作られた映像『Arena : Magical Mystery Tour Revisited』(2012年制作、60分)もプレビュー公開されます。

BFIのウェブサイトによると、このテレビ・ドキュメンタリーにはポール・マッカートニー、リンゴ・スター、テリー・ギリアム、ピーター・フォンダ、ニール・イネスなどが出演しています。

オノ・ヨーコとショーン・レノンがルーファス・ウェインライトの結婚式に出席、ショーンはマーサ・ウェインライトのアルバムにも参加

8月23日にニューヨーク州ロングアイランドのモントークで行なわれたルーファス・ウェインライトの結婚式に、オノ・ヨーコとショーン・レノンが参列しました。

AP通信の記事(8月24日付)などによると、ルーファスはドイツの芸術家ヨルン・ヴァイスブロットとの同性婚で、式にはルー・リード、マーク・ロンソンなども出席したといいます。

かねてからルーファスと親交があるショーンは、彼の妹マーサ・ウェインライトの最新アルバム『COME HOME TO MAMA』(10月16日アメリカ発売)にも参加しています。

マーサの公式サイトからリンクしている7月25日付の記事によると、ショーンはこのアルバムのレコーディングのためにニューヨークのホーム・スタジオを提供。アルバムはチボ・マットの本田ゆかがプロデュースし、本田の夫でもあるギタリストのネルス・クライン(2010年11月結婚)などが加わっています。


2012年8月21日 (火)

ポール・マッカートニーがチャリティ・ギグに飛び入り出演

8月11日、ニューヨーク州ロングアイランドのイースト・ハンプトンで開かれた招待制のチャリティ・ギグに、ポール・マッカートニーが飛び入り出演しました。

『ニューヨーク・ポスト』紙電子版(8月13日付)によると、このギグはニューヨークのアポロ・シアターへの資金援助を目的に、同シアターの評議員を務める米国人実業家、ロナルド・ペレルマンの邸宅で開かれたもので、アイズレー・ブラザーズ、アッシャー、ジェニファー・ハドソン、ジョン・ボン・ジョヴィなどが出演。ポールは観客としてフロアで踊ったりしていましたが、最後にステージに登場して「ツイスト・アンド・シャウト」を歌いました。

当日の写真はこちらで見られます。

リンゴ・スターの動画メッセージが更新、ツアー終了を報告

リンゴ・スター公式サイトの動画メッセージが、8月15日に更新されました。

今回は、第13期オール・スター・バンドの北米ツアーが無事に幕を下ろしたことの報告が中心で、7月21日の最終公演で友人たちが次々と登壇してコーラスを歌うシーンの映像を見ることができます。

またリンゴは、この動画メッセージを撮影したのが8月8日であり、アルバム『リボルバー』の発売記念日であること(米国盤は1966年の同日、英国盤は8月5日に発売)に言及し、「このレコードを作るのを手伝ってくれたジョン、ジョージ、ポールに感謝したい」とジョークを言っています。


ロンドン・オリンピック閉会式にジョン・レノンの映像が登場、ザック・スターキーも出演

8月12日(日本時間では13日)にロンドンのオリンピック・スタジアムで開かれたオリンピック閉会式に、ジョン・レノンが映像で登場しました。

ジョンの映像は、リバプールの子どもたちが「イマジン」を手話と一緒に合唱するなかスクリーンに映し出されました。「イマジン」のシーンの動画は、オノ・ヨーコの公式ツイッターからもリンクしているこちらから見られます。

ヨーコのツイッター(8月13日付、写真も掲載)によると、ヨーコはショーン・レノンと一緒に会場で観覧していました。

ビートルズ・ナンバーとしてはほかに「ビコーズ」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「アイ・アム・ザ・ウォルラス」も演奏され、ボランティアをねぎらう場面では「ヒア・カムズ・ザ・サン」が使われました。

閉会式ではロックを中心とした英国の音楽が幅広く紹介され、ペット・ショップ・ボーイズ、ジョージ・マイケル、スパイス・ガールズ、リアム・ギャラガー、エリック・アイドル(映画『ライフ・オブ・ブライアン』の主題歌を歌唱)、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーなどが出演し、最後を飾ったザ・フーの演奏ではザック・スターキーがドラムを担当していました。

閉会式のプレイリストは『テレグラフ』紙電子版(8月12日付)に掲載されています。

式の映像の一部はロンドン五輪公式競技動画(いきなり広告映像が始まりますのでご注意ください)で見ることができます。

『ガーディアン』紙電子版(8月13日付)のハイライト映像では、ザックの演奏風景も確認することができます。

ポール・マッカートニー、オノ・ヨーコが拘留中のロシアのパンク・バンドを支援

ロシアのプーチン大統領政権を批判する演奏をしたとして逮捕・起訴されている同国の女性パンク・バンド、プッシー・ライオットのメンバーに対し、ポール・マッカートニーとオノ・ヨーコが相次いで支援の声を上げました。

ポールは自身の公式サイト(8月16日付)を通じ、拘留されている3人のメンバーへの公開書簡という形で「ロシア当局が国民の言論の自由に味方し、君たちの抗議に対して罰を与えないよう願っている」などと述べました。

一方、ヨーコは自身の公式サイトにメッセージ(8月12日付)を載せ、逮捕された3人のひとり、エカチェリーナ・サムツェヴィッチが裁判で行なった陳述に対する賛意を示して「あなたの言葉のひとつひとつが力を持ち、今、私たちの心のなかで育っています」などと述べています。

3人は8月17日に禁固2年の実刑判決を言い渡されました。音楽界ではポール、ヨーコのほかマドンナ、ピート・タウンゼント、スティング、パティ・スミス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ニール・テナント(ペット・ショップ・ボーイズ)、ジョニー・マーなど多くのミュージシャンが彼女たちへの支持を表明しています。

2012年8月 7日 (火)

ポール・マッカートニーがロンドン・オリンピックの自転車競技などを観戦

ポール・マッカートニーは8月4日、ロンドンのベロドロームで行なわれたオリンピックの自転車競技と、オリンピック・スタジアムで行なわれた陸上競技を観戦しました。

自転車のトラック競技ではこの日、女子団体追い抜きでイギリスが金メダルを獲得。時事通信(8月5日付)などによると、ポールは熱心に英国チームを応援し、表彰式のあとで会場に「ヘイ・ジュード」が流れると一緒に歌っていたといいます。

一方の陸上ではこの日、女子七種競技で英国のジェシカ・エニス選手が金メダルを獲得。アメリカの地方紙『セントルイス・ポスト・ディスパッチ』電子版(8月4日付)に掲載された「ヤフー!スポーツ」の記事によると、エニス選手が勝利を決めると8万人収容のスタジアムの客席から「愛こそはすべて」の大合唱が起こり、ポールもそれに加わっていたといいます。

ポールがナンシー・シェヴェル、ステラ・マッカートニー、アリステア・ウィリスと一緒に観戦している写真はこちらで見られます。

ポールはオリンピック開会前に、自身のウェブサイト(7月20日付)を通じてオリンピックとパラリンピックに出場する英国選手団への応援メッセージを送っていました。

また、オリンピック開会式の2日前(7月25日)に行なわれたBBCラジオのインタビューでは、実はスポーツ観戦が大好きなので、オリンピックの競技をいくつか見に行くつもりであること、ジャマイカのウサイン・ボルト選手をぜひ見たいと思っていることなどを語っていました。

ジュリアン・レノンがエアロスミスの新作に参加、自身のアルバムの世界発売に向けても準備中

ジュリアン・レノンの公式サイト(8月1日付)によると、11月に発売が予定されているエアロスミスの新作アルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション(MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!)』にジュリアンが参加しています。

同記事および記事からリンクしている『ローリング・ストーン』誌のウェブサイト(7月30日付)によると、ジュリアンは5月のロサンジェルス滞在中にスティーヴン・タイラーと会い、アルバムのなかの1曲「Love Three Times A Day」でバック・ボーカルを担当しました(そのときの写真はこちら)。タイラーはこの曲を「ビートルズ風」だと形容し、「(ジュリアンは)すごくいい奴」で「おまけにジョンの長男であの声、それにユーモアのセンスまでそっくり。もう勘弁してくれよ!」と述べています。

ジュリアンのウェブサイトではまた、2011年10月にイギリスで発表したアルバム『EVERYTHING CHANGES』を2013年にDVD付きで世界発売するために、追加録音やミキシング、DVDの制作などを進めている様子が紹介されています(6月22日付、6月26日付、7月21日付)。

ジュリアンのツイッター(7月3日付)では、ミキシングを終えた追加収録曲は「Someday」と「In Between」の2曲で、前者はスティーヴン・タイラーとの共作・共演であることが明かされています。
同ツイッターではさらに、6月8日にタイラーを含む4人で曲を書き(そのときの写真はこちら)、6月12日にタイラーがスタジオに来て録音したことなども述べられています。

    

ダニー・ハリスンのバンドのアルバムが発売、テレビ・ラジオ番組やフェスティバルなどに出演

ダニー・ハリスンのバンド、thenewno2の新作アルバム『thefearofmissingout』が、予定どおり7月31日にアメリカで発売されました。

アルバムの発売に伴い、バンドは精力的なプロモーション活動を行なっています。7月30日にはコナン・オブライエンが司会を務めるアメリカTBSテレビの人気番組『コナン(CONAN)』に出演し、アルバム収録曲「Make It Home」を演奏しました。

アルバム発売当日の31日には、アメリカのラジオ局KCRWの音楽番組『モーニング・ビカムズ・エクレクティック(Morning Becomes Eclectic)』に登場し、観客を前におよそ1時間にわたるスタジオ・ライブを披露。KCRWのウェブサイトでは放送された番組の音声を聴けるほか、ライブの映像を見ることもできます。

同じ7月31日には、ハリウッドにあるレコード店、アミーバ・ミュージックでインストア・ライブとサイン会を開催。

8月3日にはシカゴのグラント・パークで開かれたロラパルーザ・フェスティバルに出演しました。『ローリング・ストーン』誌のウェブサイト(8月1日付)では、「ロラパルーザで必ず見ておきたい10組」のひとつとしてthenewno2が取り上げられています。

    

2012年8月 6日 (月)

『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』 オリジナル・サウンドトラック

日本では2012年9月1日から期間限定で劇場公開されるドキュメンタリー映画『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド(MARLEY)』のサウンドトラック・アルバム。

「ジャッジ・ノット」(1962年)などジャマイカ時代の代表曲と、「コンクリート・ジャングル」(1973年)ほかアイランド・レコードから世界デビュー後の代表曲をあわせて収録したオールタム・ベストの役割を兼ね備えたアルバムでもあります。2枚組で全24曲。

初々しい歌声から、徐々に成熟していく過程もわかります。成熟といってもわずか36年の生涯だったのですが。

ハイライトは1978年のワン・ラヴ・ピース・コンサートで演奏された「ジャミン」(CD2の1曲目)。ステージ上でジャマイカ二大政党の党首だったマンリーとシアガの手を結ばせたのは、この曲の演奏中でした。祈祷にさえ聞こえる激情のライブ・トラックです。

映画の予習復習に。ジャマイカ独立50周年の記念に。また、ボブ・マーリーの入門にもいいかもしれません。

そして、文藝別冊『ボブ・マーリー』ほか読書のお供に。

from 淡路和子


ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
『MARLEY The Original Soundtrack』

2012年4月 イギリス、アメリカ発売
レーベル:Island Records
紙ジャケットでダブル・ジャケット。



『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』
2012年7月25日 日本発売
ユニバーサル ミュージック
日本盤はプラケースです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter