フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2015年8月30日 - 2015年9月5日

2015年8月31日 (月)

シラ・ブラックが他界、リンゴやポール、ジョージ・マーティンから弔意

ビートルズの友人でありブライアン・エプスタイン傘下で歌手デビューしたシラ・ブラックが8月2日、滞在していたスペインの別荘で亡くなりました。72歳でした。検死の結果、転倒して頭を打って意識不明となり、死因は脳卒中だった伝えられています。

訃報に際し、ショービジネス界から実に多くの弔意が寄せらました。リンゴ・スターとバーバラ・バックは「シラは親友だった。寂しくなる」、ポール・マッカートニーは「本当にショックを受けている」「シラがキャバーン・クラブのクローク係だった頃に出会って以来、いつも周囲を楽しくさせる存在だった」などとその人柄を綴っています。ジャイルズ・マーティンが「父と家族を代表して」と哀悼の意を表したのに続き、近年あまり公の場に出ていないジョージ・マーティン自身も「予期せぬ訃報に、深い悲しみに襲われている。シラは驚くべき才能の持ち主だった」と声明を発表しました。

葬儀は8月20日、シラの故郷リバプールのウールトン地区にあるセント・メアリー教会で営まれました。周辺の通りは別れを惜しむ多くの人で埋め尽くされ、ポールの弟マイク・マッカートニーも参列しています。クリフ・リチャードはスピーチしたほか自身の曲「フェイスフル・ワン」を歌ってシラに捧げました。葬儀ではシラのナンバーワン・ヒット「エニワン・フー・ハド・ア・ハート」も演奏され、ビートルズの曲「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」が流れて終わりました。
http://www.cillablack.com/cpt_news/funeral-of-cilla-black-obe/

8月21日付の全英チャートでは、ベスト・アルバム『THE VERY BEST OF CILLA BLACK』(83年発表、2013年リマスター盤発売)が1位を獲得しました。

シラは1943年5月27日、プリシラ・ホワイトとしてリバプールに生まれました。芸名シラ・ブラックを名乗り、ブライアン・エプスタインのマネージメントとジョージ・マーティンのプロデュースにより、63年にレコード・デビュー。デビュー曲「ラヴ・オブ・ザ・ラヴド」のほか「イッツ・フォー・ユー」「ステップ・インサイド・ラヴ」の3曲をレノン=マッカートニーが提供しています。「ステップ・インサイド・ラヴ」は68年に放送が始まった彼女自身のテレビ番組『シラ』の主題歌でもありました。全英1位を獲得した「エニワン・フー・ハド・ア・ハート」と「ユーアー・マイ・ワールド」をはじめヒット曲を送り出し、「ザ・ライト・ザット・ハズ・ライテッド・ザ・ワールド」などもともとジョージ・ハリスンがシラのために書いた曲もあります。70年代以降、シラはテレビ・パーソナリティとして国民的人気を博します。デビュー50周年にあたる2013年には大英帝国勲章のOBE(第四位)を授与されました。

ドキュメンタリー『プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~』(2012年)にはシラもインタビューで出演し、バート・バカラックを迎えたレコーディングの映像が使われています。

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter