フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« ポール・マッカートニーがボナルー・フェスティバルと『コルベア・リポート』に出演 | トップページ | ステラ・マッカートニーがアメリカのニュース番組に登場、チェルシー・クリントンがポールとステラにインタビュー »

2013年6月26日 (水)

『ポール・マッカートニー 心のサウンド』 作品と足跡に正面から迫ったムック

Otona_paul__2

ポール・マッカートニーの日本公演を願いながら、この3年間、毎年、ムックを創ってきた。
2011年には、文藝別冊『増補新版ポール・マッカートニー』(河出書房新社)。これは、2001年にやっぱり日本公演を願いながら(日本公演は2002年に実現した)編集したムックの増補新版だ。
2012年には、The DIG Special Edition『ポール・マッカートニー 全ライブ活動徹底解剖』(シンコーミュージック)。増補程度でポールに来てもらおうなんて虫がよすぎると思い直し、ポールのライブ活動を徹底的にまとめ直してみた。このムックの情報量はすごいと、我ながら思う。
そして、2013年。より多くの人にポール・マッカートニーの魅力をより深く知ってもらおうと編集したのが、この大人のロック!別冊ムックの『ポール・マッカートニー 心のサウンド』だ。ポールの誕生日に発売しようとめざしたが、いろいろな事情でこの日の発売になった。
3年越しの、来日祈願ムック。なかなかの出来映えなので、きっと3度目の正直になってくれるだろう。

前置きが長くなってしまったが、『ポール・マッカートニー 心のサウンド』の内容を簡単に紹介しておきたい。

プロローグは、5月に始まった「アウト・ゼア・ツアー」のレポート。日本公演は、おそらくこのツアーの一環として行なわれることになるのだろう。最近盛り上がった『ロックショウ』『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』ももちろん紹介している。

パート1は、ポール・マッカートニーの魅力を様々な角度から検証。おなじみの切り口だが、今回はシンガーソングライターのKANさんが、ポールの音楽が彼の創作活動にどれだけ深く関わっているのかをたっぷりと語ってくれた。
ほかにも、パフォーマー、作曲家、作詞家など様々な側面からの魅力を、松村雄策さん、林哲司さん、サエキけんぞうさん、木屋もとみさん、鶴田静さんに執筆していただいた。また、これからポールを聴こうという方のために「早わかりポール」というコーナーで、足跡やヒット曲をわかりやすく整理してみた。

パート2は、オリジナルアルバム&シングル徹底紹介。これだけのボリュームと質で紹介するのは世界初かもしれません。ポールの音世界探訪のお供に役立ててください。
  
パート3は、パフォーマンスをテーマに、ポールの足跡を追っています。データは2012年のムック『ポール・マッカートニー 全ライブ活動徹底解剖』をみていただくとして、今回はパフォーマンスのようすを中心に描いています。

そして、パート4は、マルチアーティストとしてのポールにスポットをあてています。振り返ってみると、音楽家としてのポールを知るためには欠かせないものとなっていました。
 
ちょっと、駆け足になってしまいましたが、ポールの作品と足跡に正面から迫ったのが、今回のムックです。愉しんでいただければ幸いです。そして、ポールの来日が決まれば、予習復習に活用くださいね。

広田寛治

大人のロック!特別編集『ポール・マッカートニー 心のサウンド』
発行:日経BP社
2013年6月26日発売
本体1,200円 税込1,260円

■プロローグ
OUT THERE
PAUL McCARTNEY
ポール・マッカートニーの新たなワールド・ツアー
音も映像も甦った『ロックショウ』
ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション

■ポール・マッカートニー全活動・全作品
◎PART 1
Paul McCartney ON THE RUN
心のサウンド その魅力と足跡
《魅力》
ポール・マッカートニー音楽人生考
パフォーマーとしてのポール考
KANインタビュー 僕の曲作りの基本はポール・マッカートニー
作曲家ポール・マッカートニー考
作詞家ポール・マッカートニー考
ポール・マッカートニーのラブソング考
ポール・マッカートニーのメッセージソング考
《入門編 早わかりポール》
ポール・マッカートニーの人生EPISODE20
ヒット曲から入るマッカートニー名曲の森
ポールの音と映像の世界に遊ぶ
ポール・マッカートニー ソロ/ウイングス時代のプロモクリップ一覧

◎PART 2
STUDIO RECORDINGS
オリジナルアルバム&シングル徹底ガイド

ポール・マッカートニー
ラム
ウイングス・ワイルド・ライフ
レッド・ローズ・スピードウェイ
バンド・オン・ザ・ラン
ヴィーナス・アンド・マース
スピード・オブ・サウンド
ロンドン・タウン
バック・トゥ・ジ・エッグ
マッカートニーⅡ
タッグ・オブ・ウォー
パイプス・オブ・ピース
ヤァ!ブロード・ストリート
プレス・トゥ・プレイ
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
フラワーズ・イン・ザ・ダート
オフ・ザ・グラウンド
フレイミング・パイ
ラン・デヴィル・ラン
ドライヴィング・レイン
ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造
追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル
キス・オン・ザ・ボトム
アーカイヴ・コレクション
《コラム》
リンダのアルバム『ワイド・プレイリー』
映画やオムニバス盤への提供曲
他アーティストとのコラボ作品
未発表曲を集めた未発表アルバム『COLD CUTS』/インタビューアルバム

◎PART 3
LIVE PERFORMANCES
パフォーマンス&関連作品ガイド
ウイングス時代1972-1974
ウイングス時代1975-1976
ウイングス時代1979
模索期1985-1988
マッカートニー・バンド1989-1990
マッカートニー・バンド1991-1993
模索期1995-1999
マッカートニー・バンド2001-2002
マッカートニー・バンド2002-2003
マッカートニー・バンド2004-2005
マッカートニー・バンド2006-2012
ライブ盤シングル一覧

◎PART 4
MULTITALENTED ARTIST
マルチアーティストとしての全作品ガイド
クラシック音楽作品
変名・アンビエント・リミックス作品
絵画・文学・映画など
ポールが製作に携わった映画作品一覧

■ビートルズ関連情報

大人のロック!特別編集『ポール・マッカートニー 心のサウンド』増補版
発行:日経BP社
2015年3月11日発売

« ポール・マッカートニーがボナルー・フェスティバルと『コルベア・リポート』に出演 | トップページ | ステラ・マッカートニーがアメリカのニュース番組に登場、チェルシー・クリントンがポールとステラにインタビュー »

フロム・ビー関係の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/57667127

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポール・マッカートニー 心のサウンド』 作品と足跡に正面から迫ったムック:

« ポール・マッカートニーがボナルー・フェスティバルと『コルベア・リポート』に出演 | トップページ | ステラ・マッカートニーがアメリカのニュース番組に登場、チェルシー・クリントンがポールとステラにインタビュー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter