フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

2012年10月14日 - 2012年10月20日

2012年10月17日 (水)

『プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~』 PRODUCED BY GEORGE MARTIN

Georgemartin
ドキュメンタリー『プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~(PRODUCED BY GEORGE MARTIN)』がTOHOシネマズで公開(10月13日から19日までレイトショー)。ジョージ・マーティンが85歳を迎えた2011年にBBCテレビで放送されたものです。
http://wardrecords.com/movie/

Martin_toho

マーティンのプロデュース作品を集大成した『ジョージ・マーティン・ボックス』(ハイライト盤は『ジョージ・マーティン・プロダクションズ』)も原題は『PRODUCED BY GEORGE MARTIN』でした。その映像版とも言えますが、ドキュメンタリーでは音楽作品だけでなくマーティン自身の生い立ちにも焦点を当てています。

ポール・マッカートニーやリンゴ・スターとも戦時中の思い出を語り合ったりしていて、ぜいたくなキャスティングだなあと思って観ていましたが、中盤にはしっかりビートルズのエピソードも細かに披露されます。

なにしろ映像がめずらしくて、大きなスクリーンでも身を乗り出すこともたびたび。1950年代のレコード制作現場が見られたり、ご存命なのかと驚く人が登場したり(失礼)、火山噴火で閉鎖されたモンセラット島のエア・スタジオの在りし日の映像が使われていたり。

全編で流れる音楽はすべてマーティンがプロデュースした作品。ポールやリンゴのほか、シラ・ブラック、ジェフ・ベック、ジョン・マクラフリン、アメリカのデューイ・バネル、ジミー・ウェッブなど、そしてもちろんパーロフォン・レーベルの秘書だったジュディ夫人もが出演しています。
息子のジャイルズ・マーティンが聞き手をつとめているあたり、作り方はメアリー・マッカートニーが父ポールにインタビューしていた『ウイングスパン』に通じるところも。

会話の端々で聞かれるイギリスらしいユーモアも聞きどころ。アルバム『レット・イット・ビー』のプロデューサーであるフィル・スペクターに関するエピソードも、とっさにうまいことを言うなあと思ったのですが、これにはサー・ジョージの顔は笑ってませんでした。

日本でもDVDやブルーレイで発売されるでしょうから、細部をじっくり見直したい作品です。
おうちで鑑賞するときはジョージ・マーティンのレシピによるマティーニなど一緒にどうぞ。

【2012/11/18追記】
日本盤のDVDとブルーレイは2013年1月23日発売予定です。約52分の特典映像が収録されます。ワードレコーズの通信販売サイトに詳細が掲載されました。
http://wardrecords.com

from 淡路和子
    

    

2012年10月16日 (火)

ポール・マッカートニーの新録音を収めたクリスマス・アルバムが発売へ

ポール・マッカートニーの新録音曲「ザ・クリスマス・ソング(The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire))」を収録したクリスマス・コンピレーション・アルバム『HOLIDAY'S RULE』が、10月30日にアメリカでヒア・ミュージックから発売されることになりました。

ポールの公式サイト(10月15日付)などによると、アルバムは17曲入りで、ポールの会社MPLが制作に協力。ポールによる「ザ・クリスマス・ソング」はナット・キング・コールなどで知られる1944年のスタンダード・ナンバーのカバーです。アルバムには「ワンダフル・クリスマスタイム」のカバー・バージョンも収録されます。

アルバムの公式サイトで、収録曲を30秒ずつ試聴することができます。


『マジカル・ミステリー・ツアー』特別上映会にポール・マッカートニーなどが出席

10月2日、ロンドンの英国映画協会(BFI)で映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の特別上映会が開かれ、ポール・マッカートニー、ジャイルズ・マーティン、リアム・ギャラガーなどが出席しました。

ポールの公式サイト(10月6日付)には、ポールとリアム父子の写真が掲載されています。

会場にはほかにピーター・アッシャー、パティ・ボイド、ポール・ウェラー、バリー・マイルズ、マーク・ルイソンなどが姿を見せました。

ジャイルズは自身のツイッター(10月3日付)でポールの隣で鑑賞したことを報告し、「いい音だった。(隣から)つつかれなかったから、うまくいったってことだと思う」と述べています。

なお、『マジカル・ミステリー・ツアー』のDVD&ブルーレイの発売に合わせた公式サイトも立ち上がっています。

    

ポール・マッカートニーがヴィクター・スピネッティの追悼礼拝へ

6月に癌のため亡くなった俳優のヴィクター・スピネッティの追悼礼拝が、10月2日にロンドンのコベント・ガーデンにあるセント・ポール教会で行なわれ、ポール・マッカートニー、ツイギーなどが出席しました。

当日のポールの写真は『デイリー・メイル』電子版(10月2日付)に掲載されています。

スピネッティはビートルズの映画『ハード・デイズ・ナイト』『ヘルプ!』『マジカル・ミステリー・ツアー』のほか、ウイングスの『ロンドン・タウン』のミュージック・ビデオにも出演。上の記事によると、1970年代にはジャファ・ケーキ(ジョン・レノンが好きだった英国のお菓子)のテレビ・コマーシャルにも出ていました。

ステラ・マッカートニーがパリコレで新作を発表、ポール、メアリー、ジェイムズも観覧

9月25日から10月3日までパリで開かれた2013年春夏コレクションで、10月1日にステラ・マッカートニーの新作が発表されました。

会場となったオペラ座にはポール・マッカートニーとナンシー・シェヴェル、メアリー・マッカートニー、ジェイムズ・マッカートニー、ステラの夫アリステア・ウィリス、ケイト・モスなどが姿を見せ、ショーを観覧しました。

当日の写真は『デイリー・メイル』電子版(10月1日付)に掲載されています。

コレクションの写真はこちらでも紹介されています。

ショーの動画は、ステラの公式サイトで見ることができます。エンディングのBGMにポールの「チェック・マイ・マシーン」が使われています。

「ラヴ・ミー・ドゥ」のアナログ盤シングルがリリースへ

ビートルズの「ラヴ・ミー・ドゥ」の発売50周年を記念して、7インチ・アナログ盤のレプリカ・シングルが限定リリースされると発表がありました。

EMIミュージック・ジャパンによるビートルズ公式サイト(10月12日付)によると、音源は2009年のモノ・リマスターで、発売は海外で10月22日、日本で11月14日の予定です。

『NME』誌のウェブサイト(10月6日付)によると、このシングルは当初イギリスで10月5日に発売の予定でしたが、リンゴ・スターがドラムを叩いたバージョンではなくドラマーのアンディ・ホワイトを迎えたアルバム・バージョンがプレスされてしまい、回収となっていました。

加えて、情報サイト「examiner.com」(10月7日付)によると、B面のレーベルのカタログ番号にも誤りがあった(「R4949」であるべきところが「R4717」になっていた)とのことです。

    

リバプールで1631人が「ラヴ・ミー・ドゥ」を輪唱、ダブデイル小学校の児童も参加

「ラヴ・ミー・ドゥ」の発売から50年となる10月5日、リバプールのピア・ヘッドでこの曲を輪唱するイベントが開かれ、1631人が参加しました。

BBCニュース(10月5日付)によると、これはビートルズのレコード・デビュー50周年を記念して博物館ビートルズ・ストーリーなどが主催したものです。

当日はダブデイル小学校(ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの母校)など地元の学校の子どもたち、南北アメリカや日本、オセアニアなど世界各地から訪れたビートルズ・ファン等、合計1631人が集まって「ラヴ・ミー・ドゥ」を歌い、2011年にアメリカで樹立された897人を上回る世界記録を達成しました。

リバプールではこのほかにも、10月5日〜7日にかけてアルバート・ドック、キャバーン・クラブなどで、50周年を記念したコンサート等が催されました。


« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter