フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

2012年8月5日 - 2012年8月11日

2012年8月 7日 (火)

ポール・マッカートニーがロンドン・オリンピックの自転車競技などを観戦

ポール・マッカートニーは8月4日、ロンドンのベロドロームで行なわれたオリンピックの自転車競技と、オリンピック・スタジアムで行なわれた陸上競技を観戦しました。

自転車のトラック競技ではこの日、女子団体追い抜きでイギリスが金メダルを獲得。時事通信(8月5日付)などによると、ポールは熱心に英国チームを応援し、表彰式のあとで会場に「ヘイ・ジュード」が流れると一緒に歌っていたといいます。

一方の陸上ではこの日、女子七種競技で英国のジェシカ・エニス選手が金メダルを獲得。アメリカの地方紙『セントルイス・ポスト・ディスパッチ』電子版(8月4日付)に掲載された「ヤフー!スポーツ」の記事によると、エニス選手が勝利を決めると8万人収容のスタジアムの客席から「愛こそはすべて」の大合唱が起こり、ポールもそれに加わっていたといいます。

ポールがナンシー・シェヴェル、ステラ・マッカートニー、アリステア・ウィリスと一緒に観戦している写真はこちらで見られます。

ポールはオリンピック開会前に、自身のウェブサイト(7月20日付)を通じてオリンピックとパラリンピックに出場する英国選手団への応援メッセージを送っていました。

また、オリンピック開会式の2日前(7月25日)に行なわれたBBCラジオのインタビューでは、実はスポーツ観戦が大好きなので、オリンピックの競技をいくつか見に行くつもりであること、ジャマイカのウサイン・ボルト選手をぜひ見たいと思っていることなどを語っていました。

ジュリアン・レノンがエアロスミスの新作に参加、自身のアルバムの世界発売に向けても準備中

ジュリアン・レノンの公式サイト(8月1日付)によると、11月に発売が予定されているエアロスミスの新作アルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション(MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!)』にジュリアンが参加しています。

同記事および記事からリンクしている『ローリング・ストーン』誌のウェブサイト(7月30日付)によると、ジュリアンは5月のロサンジェルス滞在中にスティーヴン・タイラーと会い、アルバムのなかの1曲「Love Three Times A Day」でバック・ボーカルを担当しました(そのときの写真はこちら)。タイラーはこの曲を「ビートルズ風」だと形容し、「(ジュリアンは)すごくいい奴」で「おまけにジョンの長男であの声、それにユーモアのセンスまでそっくり。もう勘弁してくれよ!」と述べています。

ジュリアンのウェブサイトではまた、2011年10月にイギリスで発表したアルバム『EVERYTHING CHANGES』を2013年にDVD付きで世界発売するために、追加録音やミキシング、DVDの制作などを進めている様子が紹介されています(6月22日付、6月26日付、7月21日付)。

ジュリアンのツイッター(7月3日付)では、ミキシングを終えた追加収録曲は「Someday」と「In Between」の2曲で、前者はスティーヴン・タイラーとの共作・共演であることが明かされています。
同ツイッターではさらに、6月8日にタイラーを含む4人で曲を書き(そのときの写真はこちら)、6月12日にタイラーがスタジオに来て録音したことなども述べられています。

    

ダニー・ハリスンのバンドのアルバムが発売、テレビ・ラジオ番組やフェスティバルなどに出演

ダニー・ハリスンのバンド、thenewno2の新作アルバム『thefearofmissingout』が、予定どおり7月31日にアメリカで発売されました。

アルバムの発売に伴い、バンドは精力的なプロモーション活動を行なっています。7月30日にはコナン・オブライエンが司会を務めるアメリカTBSテレビの人気番組『コナン(CONAN)』に出演し、アルバム収録曲「Make It Home」を演奏しました。

アルバム発売当日の31日には、アメリカのラジオ局KCRWの音楽番組『モーニング・ビカムズ・エクレクティック(Morning Becomes Eclectic)』に登場し、観客を前におよそ1時間にわたるスタジオ・ライブを披露。KCRWのウェブサイトでは放送された番組の音声を聴けるほか、ライブの映像を見ることもできます。

同じ7月31日には、ハリウッドにあるレコード店、アミーバ・ミュージックでインストア・ライブとサイン会を開催。

8月3日にはシカゴのグラント・パークで開かれたロラパルーザ・フェスティバルに出演しました。『ローリング・ストーン』誌のウェブサイト(8月1日付)では、「ロラパルーザで必ず見ておきたい10組」のひとつとしてthenewno2が取り上げられています。

    

2012年8月 6日 (月)

『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』 オリジナル・サウンドトラック

日本では2012年9月1日から期間限定で劇場公開されるドキュメンタリー映画『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド(MARLEY)』のサウンドトラック・アルバム。

「ジャッジ・ノット」(1962年)などジャマイカ時代の代表曲と、「コンクリート・ジャングル」(1973年)ほかアイランド・レコードから世界デビュー後の代表曲をあわせて収録したオールタム・ベストの役割を兼ね備えたアルバムでもあります。2枚組で全24曲。

初々しい歌声から、徐々に成熟していく過程もわかります。成熟といってもわずか36年の生涯だったのですが。

ハイライトは1978年のワン・ラヴ・ピース・コンサートで演奏された「ジャミン」(CD2の1曲目)。ステージ上でジャマイカ二大政党の党首だったマンリーとシアガの手を結ばせたのは、この曲の演奏中でした。祈祷にさえ聞こえる激情のライブ・トラックです。

映画の予習復習に。ジャマイカ独立50周年の記念に。また、ボブ・マーリーの入門にもいいかもしれません。

そして、文藝別冊『ボブ・マーリー』ほか読書のお供に。

from 淡路和子


ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
『MARLEY The Original Soundtrack』

2012年4月 イギリス、アメリカ発売
レーベル:Island Records
紙ジャケットでダブル・ジャケット。



『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』
2012年7月25日 日本発売
ユニバーサル ミュージック
日本盤はプラケースです。

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter