フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« ポール・マッカートニーがデヴィッド・フロストのインタビュー番組に出演 | トップページ | ビートルズのリマスター・ステレオのアナログ盤が発売、特設サイトや2階建てバスも登場 »

2012年11月17日 (土)

ローリング・ストーンズ『クロスファイアー・ハリケーン』 続きはライブで

ローリング・ストーンズ結成50周年公式ドキュメンタリー『クロスファイアー・ハリケーン』(2012年/マーティン・スコセッシ製作総指揮、ブレット・モーゲン監督)。劇場公開に続いてDVD/ブルーレイが発売されます。

Img_1439_2

ビル・ワイマンやミック・テイラーを含む歴代メンバーがこの映画のためにインタビューに答え、それをナレーションとして、初公開を含むアーカイブ映像や写真でストーンズの歴史をふりかえるという構成。まあ、1本の映画で50年の軌跡は完全網羅できませんよね。大きな事件(逮捕劇やブライアン・ジョーンズの脱退など)を追いながらストーンズの分岐点を探っていくという流れです。

おそらくは、久々にライブを始めるにあたって、みんなが知りたいようなできごとを紹介して、若いファンにもストーンズの大まかな歴史を知ってほしいという意図なのかな。続きはライブ会場で!ということでしょうか。ビル・ワイマンの脱退に関する話も出てこなかったあたり、希望的観測としてささやかれている「ビルが戻ってくるんじゃないか」説を思い出したり…。

チャーリー・ワッツのひょうひょうとした佇まいがいいです。そう思ったからか、ドラムの音がよく聞こえる気がします。

予告編でも見られる「ビートルズは白い帽子、ストーンズは黒い帽子」という比喩はその後もキーワードとして出てきます。この映画やストーンズの新曲についてもビートルズのデビュー50周年関連の発表が一段落したころにアナウンスされたので、今でもちゃんと連携してるなーと思いました。

11月7日のジャパン・プレミアではミック・ジャガーとキース・リチャーズから日本のファンに向けたメッセージも見られましたが、これはDVD/ブルーレイの日本盤限定特典映像として収録されます。

日本では11月17日(土)から期間限定で劇場公開されます。特別映像を含めて120分の予定。
上映劇場(全国20館)はこちらでご覧ください。
http://www.liveviewing.jp/rollingstones/pc/

Crossfirehurricane

from 淡路和子

    

DVD/ブルーレイ『クロスファイアー・ハリケーン(CROSSFIRE HAURRICANE)』日本限定盤+US盤ボーナス7曲追加ヴァージョン
2013年5月15日発売
ワードレコーズ

    

    

DVD/ブルーレイ『クロスファイアー・ハリケーン(CROSSFIRE HAURRICANE)』
2012年12月19日 日本先行発売
ワードレコーズ

« ポール・マッカートニーがデヴィッド・フロストのインタビュー番組に出演 | トップページ | ビートルズのリマスター・ステレオのアナログ盤が発売、特設サイトや2階建てバスも登場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/56128437

この記事へのトラックバック一覧です: ローリング・ストーンズ『クロスファイアー・ハリケーン』 続きはライブで:

« ポール・マッカートニーがデヴィッド・フロストのインタビュー番組に出演 | トップページ | ビートルズのリマスター・ステレオのアナログ盤が発売、特設サイトや2階建てバスも登場 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter