フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« ステラ・マッカートニー、メアリー・マッカートニーがオリンピック開会式を観覧、ステラは父のステージ衣装もデザイン | トップページ | 『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』 オリジナル・サウンドトラック »

2012年7月31日 (火)

ポール・マッカートニーがロンドン・オリンピック開会式で「ヘイ・ジュード」などを演奏

7月27日(日本時間では28日)にロンドンのオリンピック・スタジアムで開かれたロンドン・オリンピック開会式のフィナーレに、ポール・マッカートニーが登場しました。

ポールはかねてから噂されていた「ヘイ・ジュード」と、その前に「ジ・エンド」を演奏。ステージ、選手、関係者、出演者、観客が一体となって「ヘイ・ジュード」のコーラスを歌う風景は、日本でもさまざまなメディアで大きく報じられました。

当日の報道写真はこちらなど、「ヘイ・ジュード」を含む開会式の映像はロンドン五輪公式競技動画(いきなり広告映像が始まりますのでご注意ください)で見ることができます。

ポールは同日、自身の公式ツイッターを通じて「すごい、すばらしい、ほんとうに素敵な夜だった」「最高の開会式だった」とコメントし、「ヘイ・ジュード」の歌い出しで起きた音声トラブルについては「プレイバックを使うかもという話はあったが、ぼくらはそうしないことを決め、ライブ、ライブ、ライブで通した」と述べました。また、エリザベス女王の登場シーンに触れて「女王陛下があんなに上手いパラシュート乗りだったとは」とユーモアを交えたツイートも行なっています。

ポールのツイッターにはこのほか、当日の出番前の様子などを写した写真もいろいろ掲載されています。

ポールの公式サイト(7月30日付)によると、この開会式をイギリスだけで2700万人が視聴し、英国内における視聴者数としては最近15年間で最大だったといいます。

オリンピック開会式ではこのほか、アークティック・モンキーズが「カム・トゥゲザー」を演奏したほか、ビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」、ローリング・ストーンズの「サティスファクション」、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、エリック・クラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」など、数多くのブリティッシュ・ロックの名曲がサウンドトラックとして用いられました。プレイリストは『NME』誌のウェブサイト(7月27日付)に掲載されています。


« ステラ・マッカートニー、メアリー・マッカートニーがオリンピック開会式を観覧、ステラは父のステージ衣装もデザイン | トップページ | 『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』 オリジナル・サウンドトラック »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/55318042

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニーがロンドン・オリンピック開会式で「ヘイ・ジュード」などを演奏:

« ステラ・マッカートニー、メアリー・マッカートニーがオリンピック開会式を観覧、ステラは父のステージ衣装もデザイン | トップページ | 『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』 オリジナル・サウンドトラック »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter