フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画がエミー賞6部門にノミネート | トップページ | ポール・マッカートニーがオリンピック開会式に向けてリハーサル »

2012年7月23日 (月)

リンゴ・スターの北米ツアーが終了、最終日は友人たちが多数ゲスト出演

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド(第13期)の北米ツアーが、予定どおり7月21日にロサンジェルスのグリーク・シアターで幕を下ろしました。

アメリカの情報サイト「National Beatles Examiner」(6月21日付)によると、最終日の公演ではミッキー・ドレンツ(モンキーズ)、マット・ソーラム(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)、ピーター・フランプトン、ジョー・ウォルシュ、エドガー・ウィンター、ゲイリー・ライト、ジム・ケルトナー、ジャック・ブルース、ジェフ・リンなど、多くの友人たちがステージに登壇し、ラスト・ナンバー「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ〜平和を我等に」のコーラスを歌いました。

なお今回のツアーでは、6月27日のニュージャージー州モリスタウンのステージから、初日のセットリストが少し変更されました。

7月11日のユタ州ソルトレイクシティでのセットリストに見られるように、前半の4曲目にあったトッド・ラングレンの「ハロー・イッツ・ミー」が「瞳の中の愛」に、後半の「新しい世界」(グレッグ・ローリー)の後にあった「瞳の中の愛」がリンゴの「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン(彼氏になりたい)」とトッドの「愛こそ証し」に、それぞれ差し替えられています。

« ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画がエミー賞6部門にノミネート | トップページ | ポール・マッカートニーがオリンピック開会式に向けてリハーサル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/55265747

この記事へのトラックバック一覧です: リンゴ・スターの北米ツアーが終了、最終日は友人たちが多数ゲスト出演:

« ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画がエミー賞6部門にノミネート | トップページ | ポール・マッカートニーがオリンピック開会式に向けてリハーサル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter