フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« 『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』 | トップページ | ポール・マッカートニーのデンマーク公演が延期に »

2012年6月17日 (日)

文藝別冊『ポール・マッカートニー』増補新版 Yesterday, Here Today, Tomorrow

これまでのマッカートニー・ミュージックのすべてをガイドするムック、初版から10年目の2011年に増補新版が発売となりました。

旧版の発売から10年のあいだ、音楽作品や活動歴が増えただけでなく、ポール・マッカートニー自身の人生にも、再婚、子どもの誕生や孫たちの誕生、離婚、新しいパートナーとの出会い、レコード会社移籍などいろいろありました。

ポールがベスト盤『夢の翼』(2001年)の発売を機に半生をふりかえったロング・インタビュー、これも註釈を改めました。

ポールのバイオグラフィ、ディスコグラフィ、ビデオグラフィなど、旧版から32ページを追加した全232ページ。この増補新版以後に発売された新録音アルバムは2012年6月現在『キス・オン・ザ・ボトム』だけです。ポール初心者の方にも入門の一冊としておすすめします。

情報を増補しただけでなく、表紙やグラビアなどポールの写真は全面的に入れ替え、デザインも新しくなっています。グラビアではマルチ・プレイヤーとしてのポールをフィーチャーし、さまざまな楽器を演奏する写真を集めています。本文中のポールとミック・ジャガーの写真(1967年)もずっと使いたいと思っていたものでした。

表紙は1999年4月10日、リンダ・マッカートニーの他界から約1年後に、クリッシー・ハインドの呼びかけで行なわれたトリビュート・コンサートのステージに立つポールです。

from 淡路和子

文藝別冊・増補新版『ポール・マッカートニー』
2011年6月9日発売
発行:河出書房新社

【巻頭カラー・グラビア】

【プロローグ】ロング・インタビュー
ポール・マッカートニーが語る昨日、今日、明日
半生をふりかえる

【PART 1】ポール・マッカートニーの魅力を語る
■対談
杉真理×松尾清憲 ポールと同じ時代に生まれて、みなさんラッキーですよ

■インタビュー
財津和夫 僕らに幸せをくれるポールの妙薬
林哲司  ポールという人間のなかにある深いものが音楽にも表れている
奥田俊作 自分の転機にポールを聴くとなにか感じられると思う

■エッセイ
ジム・オルーク リトル・ボーイのビッグな体験

【PART 2】ポール・マッカートニーの足跡と音楽活動の記録
音楽家ポール・マッカートニーの誕生/1942〜1960
母の死と音楽的素養の開花/ロックンロールとの出会い/バンド・スタイルの確立/レノン=マッカートニーの誕生
ビートルズ、ライブ活動の時代/1961〜1966
ビートルズの成功をより大きなものにしたポールの幅広い音楽性/ライブ・バンドの呪縛からの解放
ビートルズ、新たな挑戦の時代/1966〜1970
新たな挑戦をリードしたポール/後期ビートルズのヒット・メイカー/音楽家としての成長
はばたきはじめたウイングス/1970〜1974
パートナーはリンダ/レノンVSマッカートニー?/ウイングスがめざしたもの/大学で演奏した予告なしのデビュー・コンサート/「マイ・ラヴ」と「007」、シングル・ヒット曲あれこれ/傑作『バンド・オン・ザ・ラン』の誕生
ウイングスで世界制覇/1975〜1977
俺たちはバンドだ! ビートルズの幻影を吹き飛ばせ/ラブ・ソングでなにが悪い!/ロックショー! ふたたび世界の頂点に/ロンドン・タウンと農場生活/夢のロケストラ! そして翼をたたむウイングス
本格的なソロ活動時代/1980〜1989
ジョンの死に突き動かされたメッセージ・アルバム/ビートリーなサウンドへの回帰/数々の歴史的コラボレーションを楽しむ/新しいサウンドをめざしたソングライティング・チーム/チャリティへの参加とライブ活動復帰への道のり
二○世紀の総括と新たな挑戦/1990〜2001
マッカートニー・ワールドを表現したライブ活動/ベジタリアンとして生きる/ビートルズの新曲とアンソロジー/リンダの意志を継いで活動は続く/マルチ・アーティストとしての活動
二一世紀、終わりなき音楽人生/2001〜2011
より多彩で幅広いライブ活動/デジタル時代の新たな挑戦/過去との絆、家族との絆

ポール・マッカートニー年表

【PART 3】音楽家ポール・マッカートニーの作品
音楽作品の全体像とベスト盤紹介
■ディスコグラフィ
ビートルズ、ソロ、ポール&リンダ、ウイングス、スリリントン、ザ・ファイアーマン、ツイン・フリークス、クラシック作品のアルバム

■ビデオグラフィ
映像作品の全体像と公式ヒストリー/エンターテインメント映像作品/ライブ映像作品/アルバムと連動した映像作品/プロモーション・クリップ/そのほかの映像作品

[名曲集]
イエスタデイ♪ 過ぎ去りし「昨日」と淡色のEm7 林哲司
ミッシェル♪ 身動きできなくなった曲 来生えつこ
レット・イット・ビー♪ なすがままに 国府弘子
アナザー・デイ♪ 「アナザー・デイ」は一滴の雨 岸正之
マイ・ラヴ♪ 優しく、いさぎよく、美しく 黒沢秀樹
ブラックバード♪ 井手君、元気かなあ……? 森俊一郎
エボニー・アンド・アイボリー♪ 黒と白を越えた完全な調和 小沼純一

〈概説〉
リンダ・マッカートニー 淡路和子
ポールのベース革命 鈴木佳昌
あらゆる要素を包み込むポールの音楽性 藤本国彦
ポールのクラシック音楽作品 山川真理
アルバム未収録・プロデュース・提供曲 藤本国彦

« 『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』 | トップページ | ポール・マッカートニーのデンマーク公演が延期に »

フロム・ビー関係の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/54991400

この記事へのトラックバック一覧です: 文藝別冊『ポール・マッカートニー』増補新版 Yesterday, Here Today, Tomorrow:

« 『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』 | トップページ | ポール・マッカートニーのデンマーク公演が延期に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter