フロム・ビーの関係者

  • 広田寛治
    これまでの仕事や現在の研究テーマに関する情報をまとめていきます。
無料ブログはココログ

« リンゴ・スターの北米ツアーがスタート、「ドント・パス・ミー・バイ」などを演奏 | トップページ | ポール・マッカートニーがロン・ウッドのテレビ番組に出演 »

2012年6月23日 (土)

『ベイビーズ・イン・ブラック』 アストリットとスチュの物語

アート・カレッジでジョン・レノンと親しくなりビートルズ初期のベース奏者になったスチュアート・サトクリフ(1940年6月23日エジンバラ生まれ)。画家としての将来を約束されていましたが、1961年4月10日にハンブルクで亡くなってから50年が過ぎました。

写真家で婚約者だったアストリット・キルヒヘルとスチュの物語は映画『バック・ビート』(1994年)や、ドキュメンタリー『スチュアート・サトクリフ 5人目のビートルズ』などで描かれてきましたが、ドイツのコミック作家の手で漫画化され、日本語版が出版されました。

    

漫画『ベイビーズ・イン・ブラック』はクラウス・フォアマンが初めてビートルズを観て興奮してアストリットに伝えにくるところから始まり、全編ハンブルクを舞台に、ビートルズとの友情をからめながら、史実に忠実に描かれています。

『バック・ビート』のような脚色もないので、ビートルズの歴史をよく知っている人ならわざわざ漫画で読まなくてもいいかもしれませんが、結末がわかっているだけに、ラスト・シーンの描き方はなるほどいいなと思いました。唐突に終わるフランス映画のような感じ。

スチュとアストリット、みんなが書きたい世界なんですね。

from 淡路和子

『ベイビーズ・イン・ブラック(BABY'S IN BLACK - THE STORY OF ASTRID KIRCHHERR & STUART SUTCLIFFE)』
2012年5月7日発売
著:アルネ・ベルストルフ
翻訳:岩本順子
発行:講談社

« リンゴ・スターの北米ツアーがスタート、「ドント・パス・ミー・バイ」などを演奏 | トップページ | ポール・マッカートニーがロン・ウッドのテレビ番組に出演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586117/55033578

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベイビーズ・イン・ブラック』 アストリットとスチュの物語:

« リンゴ・スターの北米ツアーがスタート、「ドント・パス・ミー・バイ」などを演奏 | トップページ | ポール・マッカートニーがロン・ウッドのテレビ番組に出演 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter